バッティングは左打ちが圧倒的に有利な理由

右打ちと左打ちはどっちが有利か考えたことはありますか?

野球には右打ちのバッターと左打ちのバッターがいます。

同じく投手にも右投げのピッチャーと左投げのピッチャーがいます。

今から数十年前には、圧倒的に多かったのが右打ちのバッターです。

しかし、ここ最近では左打ちのバッターが増えてきて、スタメンの半分は左打ちのバッターというチームも存在しています。

左打ちのバッターが増えてきた要因は、左打ちのバッターがつくられているのが原因でしょう。

では、ここで一点疑問がうまれるではないでしょうか。

それは、

「右打ち」と「左打ち」ってどっちが有利なのか

という疑問です。

昔に比べて増えてきたところをみると、「左打ち」が有利なのでしょうか。

相対的に見れば「左打ち」が有利であることは間違いありません。

しかし、一塁ベースまでの距離が近いから「左打ち」が有利・・・といった単純なものではありません。

そして当然ながら、「右打ち」の方が有利な点もあれば「左打ち」の方が有利な点があるということを忘れてはいけません。

では、「右打ち」と「左打ち」の特性の違いは何なのかを見ていきましょう。

>ベースの回り方が打者のバッティング特性に影響を及ぼす

ページ: 1 2 3 4

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッティングが良くならない人の根本的な原因

2017年3月27日

野球界に伝統的に残る無意味なアドバイス達

2016年9月21日

レベルスイングがバッティングに与える影響

2017年3月20日

ホームランを狙ってこそ野球でしょ? ~すくい上げるようにして打つのがこれからの常識~

2016年1月27日

筋肉はつけると故障リスクを高め、筋肉がつくと故障しにくい

2017年3月6日

野球選手に今もっとも必要なことは勉強すること

2017年11月5日