左打者は流しやすいのに、右打者が流しにくいのはなぜ?

左打者は流しやすいのに、右打者が流しにくいのはなぜ?

突然ですが質問です。

左打者のスイングと右打者のスイングは左右対称でしょうか?

いつも、takebat.comをご覧頂いている方は想像がつくかと思いますが、答えは左右対称ではありません(『野球選手が左右対称に鍛える必要がない理由』)。

感覚的に分かっているかもしれませんが、

左打者は右打者に比べると流し打ちがしやすい

という部分を見れば左右対称でないことが分かりやすいのではないでしょうか。

当然ながら選手の特性によって違うため全ての人に当てはまるわけではありませんが、事実として皆が認識していることです。

では、この事実をもう一歩深めてみましょう。

流し打ちのやりやすさが左右で変わることは

左打者は詰まりにくく、右打者は詰まりやすい傾向にある

ということでもあります。

「詰まりやすさ」という捉え方をすれば原因が分かりやすくなってきます。

>次のページ:左打者は詰まりにくく、右打者が詰まりやすい理由

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

左打者は流しやすいのに、右打者が流しにくいのはなぜ?

2017年1月23日

方法は1つしかありません。 ~守備範囲を広げるたった1つの方法~

2016年2月6日

あなたは本当に野球が好きで練習していますか?

2017年8月11日

スイングスピードが速いとバッティングがよくなるのか

2016年8月5日

野球選手に横隔膜が重要な理由

2017年2月28日

野球の勝敗が練習量に比例しているわけがない

2017年4月30日