バッティングトレーニングのポイント ~三振をしないために必要な2つのこと

三振をしないために必要なことは「待ち方」と「予備動作をなくす」こと

「待ち方」は可能な限りリラックスした状態をつくり、ある一部だけエネルギーをため込むようにかまえます(リラックストリガーロック)。

そしてさらに「予備動作」である「テイクバック」を無くすことで、自分の身体の近くまでボールを呼び込んでも、「最短距離」でバットが出せるようになり、「インパクト」に「100%」の力を伝えることができるため、振り遅れることも、詰まらされることもなくなります。

上記のことが実現できれば、結果的に「選球眼」が良い状態になっていきます(『選球眼を良くするって何のこと? ~選球眼の正体とは~』)。

「待ち方」と「予備動作をなくすこと」が「三振」を限りなく避ける方法として唯一考えられる方法です。

>次のページ:「待ち方」と「予備動作をなくした」トレーニング方法

ページ: 1 2 3 4

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球は監督がチームで最も偉いわけではない。

2016年11月11日

イップスはバッターでも発症する病

2017年2月22日

上手くなりたきゃ身体で脳を支配せよ ~身体に脳はだまされる~

2015年12月28日

明日からバッティングが変わる ~芯で捉える究極の裏技~

2016年1月31日

野球選手にクッション性の高いシューズは危険

2017年8月19日

スイングの時に筋肉を意識しますか? ~バッティングに筋トレが不要な理由~

2016年2月20日