上手くなりたければバットは振ってはいけない?!~これからのバッティングトレーニング

上手くなりたければバットは振ってはいけない?!~これからのバッティングトレーニング

打者が「バッティング」をする時には「バット」は「振る」ものです。

これは紛れもない話ですが、現実として起こっていることを意識すればいいのか・・・という話とは別物です。

というのも、

打者がバッティングをする際には「バット」を「振る」というよりも「ボール」に「ぶつける」という意識で臨んだ方がいい

からです。

これは人間の身体の構造と物理の法則から考えれば明白です。

「バット」のような棒状のモノを持ち、何かに対して強いダメージを与える時、「振る」よりも「押し込む」意識を持った方が対象(ボール)に対して強いダメージを与えることができます。

ちなみに、この現象は「真剣」を使って何かを切る時にも同じことが言えます。

切る対象に対して「真剣」を振ってしまうと途中で止まり切ることができません。

それが「真剣」を押し込むようにずらすと綺麗に切ることができます。

殺傷性を高めた「真剣」でも同じことが言えると考えれば、「バッティング」においても「ボール」を力強く遠くに飛ばすためには、「押し込む」必要性を感じないでしょうか?

「バッティング」のキモは、「インパクト」の瞬間にどれだけ大きなエネルギーを伝えることができるかどうかです。

もう少し広い視点で話せば、そのためには「スイングスピード」も速ければいいというわけではありません(『スイングスピードが速いとバッティングがよくなるのか』)。

>次のページ:押し込むスイングを手に入れるバッティングトレーニング方法

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッターにとっての理想の体型とは? ~人それぞれ、守備位置それぞれ~

2016年2月13日

突然にバットが軽く感じる日の原因を知っていますか?

2016年11月8日

練習のための練習はやめませんか? ~試合で生きるバッティング練習とは~

2016年8月28日

アッパースイングもダウンスイングも実は同じ

2017年2月6日

走り込み不要論~野球選手に走り込みはいらない/Kindle版【発売開始】

2017年2月10日

野球選手に適切なバットの重さは? ~野球選手の大半は自分のバットの重さを知らない事実~

2016年3月27日