MONOBUN

バッティングのトレーニングならMONOBUN~ネクストバッターズサークル編~

バッティングのトレーニングならMONOBUN~ネクストバッターズサークル編~

MONOBUN愛用者が続々と増えてきています。

元プロ野球選手の方に指導しているチームで使用してもらったり、同時に2本以上購入していただける個人の方や大学チーム、高校野球チームでも使用されています。

プロ野球選手でも使用して頂けそうなので決まり次第、ご報告したいと思います。

MONOBUNを使用して頂いた方々からは、バッティングの質の変化に対する驚きの声をたくさん頂いております。

もちろんMONOBUNはトレーニング用のアイテムなので、練習中に使用されることを目的に設計されているのですが、「takebat.com」では、最も使って欲しい使い方があります。

それは、

ネクストバッターズサークルに置き、実際の打席に入る前にMONOBUNをスイングして打席に入ること

です。

その理由は、

打席に入る際の緊張感を確認し、ベストなスイングコンディションを思い出させてくれるから

です。

仮に普段はMONOBUNを使って「爆風音」を鳴らせていたとしても、試合中及び打席に立つ直前の緊張感が身体に余計な力を入れてしまうことは良くあることです。

そんな緊張感をもって打席に入ると、せっかく練習では身体を適切に使ったスイングができていても、最も大切な打席では余計な力が入った無駄のあるスイングをしてしまっては意味がありません。

また、人は覚えたものは忘れるようにできています。

そのため、「MONOBUN」をスイングした「感覚」や体の「使い方」も忘れてしまいます。

その「感覚」や「使い方」を可能な限り本番に近い状態で「MONOBUN」をスイングできれば、「MONOBUN」によって得た「バッティングフォーム」を実現することができます。

また、「バットスプレー」のような使い方もおススメです。

投手との対戦中に、投手のボールを捕らえ損ないファールになってしまった後に、ネクストバッターズサークルまで一度戻って「MONOBUN」をスイングして微調整を行ってみてください。

先ほどまで「爆風音」を鳴らすことが出来ていたにも関わらず、ちょっとした変化で鳴らすことができなくなっていることに気づくはずです。

それだけ「バッティング」とは、繊細なものであるということです。

「昨日の自分」と「今日の自分」の変化を感じ取ることができるぐらい繊細な「MONOBUN」は、ほんの些細な「緊張」さえも感知してしまいます。

ぜひ一度、「MONOBUN」を使って「爆風音」を鳴らすことができるようになった方は、「ネクストバッターズサークル」に「MONOBUN」を置いてみることをおススメします。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がありません(『マスコットバットはスイングスピードを遅くする』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

なぜなら「MONOBUN®」には、もう一点優れたポイントがあります。

それは、「調子の波を感じることができる」ということです。

普段は「MONOBUN」を振って「爆風音」を鳴らしていた選手が、調子を崩すと必ずといって「爆風音」を鳴らすことができなくなります。

同じ意識で振っていれば「爆風音」が鳴らなくなるのは当然で、人間の身体は常に変化しているためです。

そんな微細な変化すら「MONOBUN」は感知し、体感させてくれます。

調子を崩し始めるその前に「MONOBUN」を振って、「爆風音」を鳴らすことができる「あなたに合った効果的な身体の使い方」を実現しておきましょう。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

「MONOBUN」を使って「スイングフォーム」を手に入れた後は、実際の「ボール」を打つときにも同じ「スイング」を実現させる必要があります。

そんな時にはできる限り「木製バット」で練習することをおススメします。

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

MONOBUNの関連記事

Contents Menu

ドイツ・ブンデスリーグに所属する「片山和総」選手も「MONOBUN」を大絶賛しています!
池田豪氏(元メジャーリーグスカウトマン)もMONOBUNを大絶賛!
芯で捉えられない最大の原因はフルスイングをしないから
MONOBUNの「爆風音」の正体にせまる
MONOBUNを使う選手と使わない選手の差が明らかに。
MONOBUNを使い始める時期は早ければ早いほど効果が大きい

最新記事のチェックにフォローしよう