野球を一度辞めると上手くなる

打てない時はとことん打てなくなるのが野球

なかなかうまく打てない・・・・・。

それはなぜでしょう。

答えは簡単、

勉強が足りないから

です。

といきなり辛口なことを言いましたが、冗談です。笑

それではなぜ、打てないのでしょうか?

自分で考えたことはありますか?

原因が自分の中にあることは間違いありません。

打てないような動きをしているのであれば、物理的な問題なので、ビデオや写真を見て検証することも一つの手でしょう。

また「監督」や「コーチ」といった周囲の人間にアドバイスを求める方法があります。

しかしそれでも、なかなか打てるようにはなりません。

打者が打てない時というのはだいたいこんなループにはまってしまっているのではないでしょうか。

打てない原因は目に見える所にないことがほとんど

この答えと出すためには意外と簡単です。

それは、

問の始まりである「物理的」な部分に問題があるわけではないから

です。

物理的に目に見える部分をを変えても結果がでないのであれば、問題がそこにないことは明白です。

人間は、

体の内面的な要因が、表に反映されている

ということを忘れてはいけません。

もしあなたが、「打てない・・・打てない・・・」と悩んでいるのであれば、物理的な要因をいくら変えても打てるようにはなりません。

いくらフォームを修正するための練習を繰り返したところでよくなる可能性は少ないのです。

ドツボにはまっていく選手もいます。

いわゆるスランプというやつですね。

野球を一度辞めるという選択肢も必要

タイトルを見た方はなんてこを言うんだ・・・と思われた方もいらっしゃると思います。

辞めるという言い方は大げさだったかもしれませんが、

どうしてもぬけだせない問題に直面した時は、勇気を持って練習を止める

ことも大切です。

気分転換に旅行に行き、趣味をやり、自分の心がすっきりするまで野球から離れることも一つの手です。

その上で自分の体に問いかけてみてください。

「どうして自分は打てないのだろうか」

と。

野球の環境下にいて、野球に関する自問自答はドツボにはまる可能性があります。

しかしそれが、野球を離れた環境で同じ自問自答をすると「ヒラメキ」を生み出します。

解決策は練習方法かもしれませんし、動き方かもしれません。

または誰かに教えてもらうことかもしれません。

今まで悩んでいたことが、なんでこんなに簡単に解決されてしまうんだ・・・というぐらいすんなり解決してしまいます。

悩んでしまった時は、あまり頭で考えすぎず、偶然の回答(ヒラメキ)を大切にするということを今後の練習に取りいれてみてください。

頭で答えが見つからなくても、あなたの身体は既に答えをもっています。

自分の身体のことは、自分の身体に聞くのが一番です。

それぐらい人間の身体は効率的に動くようにできています。

悩んでいるのであれば心配する必要はありません。

答えはあなたのすぐそばにあります。

MONOBUNで遊ぶのもおススメ

そんな時はMONOBUNを使って遊ぶのもおススメです。

MONOBUNを振って遊んでいると鳴らすことがゲーム感覚になり、楽しくなってきます。

実際にMONOBUNを振っていて楽しくなり、いつしかそれが自信に変わり、打席にたって代打で初ヒットを打ったという選手もいます(『MONOBUNを振ったらヒットが打てた!by前田慧仁君 ~MONOBUN使用者の声~』)。

「MONOBUN」を使えば、「バッティング」に関する全ての悩みを解決することができます。

「MONOBUN」は、極端な言い方をすればどんな「スイング」でも構いません。

・・・というのは極端すぎますが、自由に「スイング」していいものです。

特に決まった使い方はなく、自分が思う「スイング」のまま使用して構いません。

その中で「爆風音」がなるように、微調整をしていけば、いつしか「爆風音」を鳴らすことができます。

そして「爆風音」が鳴った時には、自分の身体を効率的に使うことができています。

つまり、その選手が本来もつ力をロスすることなく伝達し、インパクトの瞬間に100%の力を伝えることができます。

「MONOBUN」は、一般的に良いとされる「スイング」ができていたとしても鳴りません。

あくまで一般的に良しとされる「スイング」であって、あなたにとってベストなスイングではないかもしれないからです。

つまり「MONOBUN」の「爆風音」を鳴らすことができていれば、自然とあなたの身体にあったスイングを手に入れることが可能で、特に身体の使い方を考えずに、どうやれば「爆風音」を鳴らすことができるかに集中すればいいということになります。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がありません(『マスコットバットはスイングスピードを遅くする』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

なぜなら「MONOBUN®」には、もう一点優れたポイントがあります。

それは、「調子の波を感じることができる」ということです。

普段は「MONOBUN」を振って「爆風音」を鳴らしていた選手が、調子を崩すと必ずといって「爆風音」を鳴らすことができなくなります。

同じ意識で振っていれば「爆風音」が鳴らなくなるのは当然で、人間の身体は常に変化しているためです。

そんな微細な変化すら「MONOBUN」は感知し、体感させてくれます。

調子を崩し始めるその前に「MONOBUN」を振って、「爆風音」を鳴らすことができる「あなたに合った効果的な身体の使い方」を実現しておきましょう。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

「MONOBUN」を使って「スイングフォーム」を手に入れた後は、実際の「ボール」を打つときにも同じ「スイング」を実現させる必要があります。

そんな時にはできる限り「木製バット」で練習することをおススメします。

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

 

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

スイングはキレイな円を描くとダメ! ~これからのスイングの常識はインサイドアウトが鍵~

2016年2月18日

バッティングにはインステップとアウトステップどっちが良いのか。

2017年1月14日

野球界の先輩絶対主義はもう終わり

2017年6月27日

野球選手に短距離走の速さは必要ありません

2016年11月21日

ボールを身体とバットの内側に! ~バッティングするボールを軽く感じる方法~

2016年1月25日

バッターがすべきバッティング練習とは

2016年7月31日