フライばかり打ち上げないための対処法

フライばかり打ち上げないための対処法

「フライ」をあげようと思って打席に入る打者はおそらくほとんどいないのではないでしょうか。

外野フライを打とうとするときはケースによってあるかもしれませんが、基本的に「フライ」を打とうと思って打席に入ることは少ないと思います。

むしろ「フライ」にならないように注意しながら打席に入っている選手が多いでしょう。

しかし、そんな時に限って思わぬ形で「フライ」を打ち上げてしまいます。

上から叩こうと思っているのに「フライ」がどうしても上がってしまうという選手がいると思います。

そこで本日の記事では、意図せずに「フライ」を打ち上げてしまう方を対象に対処法をお伝えしたいと思います。

大切なポイントは、

スイングやフォームではなく、考え方と意識

によって解決できます。

フライを打ち上げないためには「空振り」をせよ!

まず初めに大切なことは

ゴロを打とうとか、上から叩こうとか考えない

ようにしましょう。

可能な限り力を抜いて「バット」を放り投げるように「スイング」するようにします。

実はこれだけで解決する選手が多いです。

ここの段階で解決する人というのは、完全に考えすぎていただけです。

これでもよくならない場合は、

投手や、バッティングマシンからくるボールの一個上を「空振り」してください。

これを何回が繰り返します。

何でそんなことを・・・と思われるかもしれませんが、意外と難しいはずです。

なかなかボールの一個上を「空振り」することはできません。

当ててはいけませんよ、「空振り」です。

野球選手は当てることが体に染みついているので、逆に意図的に「空振り」することが難しいものです。

とんでもない所を振るのは簡単でも「ボール」一個分上となると、文字通りの「バットコントロール」が必要になってきます。

そしても問題の「フライ」が上がってしまうことに関しては、この「空振り」の@動作」を身体に覚え込ませるといつの間にか解決してしまいます。

信じられませんかもしれませんが、かなり効果的な方法です。

試合で投手が投げるボールでも一緒です。

ボールの一つ上を空振りするようにスイングします。

これでフライは上がりません。

それでもまだフライが上がるようであれば、ボール二個分上を空振りしましょう。

これだともう100%上がらなくなると思います。

なんだそんなこと!・・・って思うかもしれませんが、意外とこんなもんです。

意識と実際の動きの誤差を知れば上達する

「考え方」と「どんな意識で取り組むか」で大半のことをはクリアすることができます。

なぜそんなことで解決するのかというと

「意識」と実際の体の「動き」には常に誤差があるから

です。

逆に言えば上達するポイントは

この意識と実際の身体の動きの誤差を知ることにある

わけです。

そしてさらに考え方の枠を広げて考えると、もう一つ面白い事実にも行きつくはずです。

それは、

フライを打ち上げてしまうことは悪いことではない

という考え方です。

「フライを打ち上げるとよくない」という意識が強いとは思いますが、「フライ」を打ち上げなければ「ホームラン」を打つことはできません。

気楽に考えれば、打ち上げてしまっても、「外野手」の頭を越えればいいわけです。

逆にフライを打ち上げたくても、打ち上げられない人もいます。

そこで、「フライ」を打ち上げてしまうことで悩んでいる人におススメの考え方があります。

それは、

フライを打ち上げる才能をもっている

という考え方をするのはいかがでしょうか。

何も言葉遊びをしているわけではありません。

それはあなたの個性です。

自分の欠点に気づくというのは悪いことではありません。

自分の個性に気づいたのと同じことです。

どの面から光を当てて輝かせるのかは、選手次第です。

「フライ」が上がるから「ホームラン」を打つ才能を持っていると思えるかです(『フライをあげるのはそんなに悪いことではない』)。

身長が低いとか、力がないとか・・・そんなことは「ホームラン」を打つことの第一条件ではありません。

「ホームラン」には打ち方があります。

「フライ」を打ち上げてしまうことに悩んでいるぐらいなら、その個性を活かして「ホームラン」を打つにはどうしたらいいのか考えましょう(『ホームランの打ち方』)

どんなスイングをするか・・・よりも大切なこと

「フライ」や「ゴロ」を打つために、どんなスイングをするかよりも大切なことがあります。

それは、

自分の身体にあった効率的な、エネルギーを伝達する際にロスすることのないスイング

をすることです。

そして、そのスイングでインパクトの瞬間に100%の力を発揮することです。

しかし、自分の身体にあったスイングといっても人それぞれ身体の創り方は違うので、具体的に指導する方法もありません。

そんな人におススメのトレーニング方法があります。

それは

「MONOBUN」を使ったトレーニングを取り入れる

ことです。

この「MONOBUN」を使えば、「バッティング」に関する全ての悩みを解決することができます。

「MONOBUN」は、極端な言い方をすればどんな「スイング」でも構いません。

・・・というのは極端すぎますが、自由に「スイング」していいものです。

特に決まった使い方はなく、自分が思う「スイング」のまま使用して構いません。

その中で「爆風音」がなるように、微調整をしていけば、いつしか「爆風音」を鳴らすことができます。

そして「爆風音」が鳴った時には、自分の身体を効率的に使うことができています。

つまり、その選手が本来もつ力をロスすることなく伝達し、インパクトの瞬間に100%の力を伝えることができます。

「MONOBUN」は、一般的に良いとされる「スイング」ができていたとしても鳴りません。

あくまで一般的に良しとされる「スイング」であって、あなたにとってベストなスイングではないかもしれないからです。

つまり「MONOBUN」の「爆風音」を鳴らすことができていれば、自然とあなたの身体にあったスイングを手に入れることが可能で、特に身体の使い方を考えずに、どうやれば「爆風音」を鳴らすことができるかに集中すればいいということになります。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がありません(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

なぜなら「MONOBUN®」には、もう一点優れたポイントがあります。

それは、「調子の波を感じることができる」ということです。

普段は「MONOBUN」を振って「爆風音」を鳴らしていた選手が、調子を崩すと必ずといって「爆風音」を鳴らすことができなくなります。

同じ意識で振っていれば「爆風音」が鳴らなくなるのは当然で、人間の身体は常に変化しているためです。

そんな微細な変化すら「MONOBUN」は感知し、体感させてくれます。

調子を崩し始めるその前に「MONOBUN」を振って、「爆風音」を鳴らすことができる「あなたに合った効果的な身体の使い方」を実現しておきましょう。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

「MONOBUN」を使って「スイングフォーム」を手に入れた後は、実際の「ボール」を打つときにも同じ「スイング」を実現させる必要があります。

そんな時にはできる限り「木製バット」で練習することをおススメします。

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッティング上達の極意 ~直線の動きで螺旋の動きを実現する~

2016年4月25日

バッティングはテイクバックを取らないのが常識になります

2017年4月7日

バッティングの結果が出ない時に最もやってはいけいないのは練習をすること

2017年2月17日

元メジャーリーグのスカウトマンに聞く”日本の野球の変な所” ~池田豪氏インタビュー/WAMPERS~

2016年4月12日

走り込み不要論~野球選手に走り込みはいらない/Kindle版【発売開始】

2017年2月10日

なぜかインコースを見逃してしまう原因・・・実は?!

2016年6月4日