バットのヘッドを立てるのって意味あるの? ~ヘッドをたてるの正体~

バットのヘッドを立てるのって意味あるの?

野球界ではよく「ヘッドをたてろ」と言われることがあると思いますが、本当に「ヘッド」を立てた「バッティング」が実現すると思いますか?

仮に実現するのであれば、「ゴルフ」の「スイング」で「ヘッド」を立てて「ボール」を打つことも可能になることを意味しています。

打者が実際に「ヘッド」を立てて「ボール」を打たなくてはいけない「コース」とは完全に「ボール球」です。

真正面のボールを打つ時と、頭の上のボールを打つ時ぐらいでしょう。

しかし、そんな「ボール」を振っているようでは叱られて終わりです。

そんな「ボール」を打つことができるのは「ドカベン」の「岩鬼正美」ぐらいでしょう。

冗談はさておき、いわゆる「ストライクゾーン」または、自分が打ちやすい「コース」を「スイング」する場合の大半は「ヘッド」を立てて「スイング」することは不可能です。

そのため、実際の意図は、そんな現実的なことを言っているわけではないのかもしれませんが、「ヘッドを立てること」を指導することに対しては「?」がつきます。

ある人にとっては、本当に「ヘッド」を立てることが悪いことではないかもしれません。

しかし、現実としてヘッドを立てるスイングはあり得ないと考えた方がいいでしょう。

私はヘッドを立てるという意識自体は必要だと思います。

それはボールに打ち負けないために必要ということで実際にはヘッドは下げて打つものだと考えています。

あくまで意識の問題です。

「意識」と「現実」には誤差があります。

実際に「バッティング」する瞬間のことを考えれば、意識をしてどうこうなるような問題ではありません。

そのため「ヘッドを立てた方がいいのか」どうか考えるよりももっと大切なことがあるはずです。

「ヘッドを立てること」を意識することよりも大切なこと

では結局どのような「スイング」をすればいいのか・・・という話になってきますが、答えは明白です。

それは、

選手それぞれの身体にあったスイングをすること

です。

人間の身体は人それぞれ異なっているので、一つの正解の「スイング」が存在していると考える時点で違和感を感じて当然のはずです。

しかしこれは、明確な答えでありながらも難問を抱えています。

それは、「それぞれの身体に合ったスイング」を的確に、そして個別に伝えられるような指導者はほとんど存在しません。

一人一人の身体にあった「スイング」を手に入れるトレーニング方法

それでは具体的にトレーニングする方法がないのか・・・というとそんなことはありません。

それは

「MONOBUN」を使ったトレーニングを取り入れること

で全てを解決することができます。

「MONOBUN」は、極端な言い方をすればどんな「スイング」でも構いません。

・・・というのは極端すぎますが、自由に「スイング」していいものです。

特に決まった使い方はなく、自分が思う「スイング」のまま使用して構いません。

その中で「爆風音」がなるように、微調整をしていけば、いつしか「爆風音」を鳴らすことができます。

そして「爆風音」が鳴った時には、自分の身体を効率的に使うことができています。

つまり、その選手が本来もつ力をロスすることなく伝達し、インパクトの瞬間に100%の力を伝えることができます。

「MONOBUN」は、一般的に良いとされる「スイング」ができていたとしても鳴りません。

あくまで一般的に良しとされる「スイング」であってそれはあなたにとってベストなスイングではないかもしれないからです。

「ヘッドをたてること」がどういったものであるのかを考える暇があるなら、少しでも「MONOBUN」を「スイング」して、効率的な身体の使い方はいち早く手に入れましょう。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がないことが判明してきています(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

 

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

スイングの時に筋肉を意識しますか? ~バッティングに筋トレが不要な理由~

2016年2月20日

野球選手は本当に自分のために練習をしていますか?

2017年10月4日

選球眼って何のこと? ~意外と知らない選球眼の正体~

2016年10月3日

なぜかインコースを見逃してしまう原因・・・実は?!

2016年6月4日

バッティングが上手くいかない時の最大の処方箋は練習を辞めること

2017年5月20日

打者が打球を遠くにとばすために必要なこと

2016年4月24日