竹バット

野球選手はアッパースイングでないと打てない

野球選手はアッパースイングでないと打てない

「バッティング」の「スイング」に関しては、様々な方法が提案されています。

私たちが少年時代の1980年頃には、「アッパースイング」は決して許されることはありませんでした。

とにかく「上から叩け」、「ダウンスイングをしろ」、「ゴロを打て」と言われてきました。

しかし現代はどうでしょうか。

様々な科学的な検証データ、「カメラ」や「ビデオ」のテクノロジーを駆使すればある事実に気づくはずです。

それは、

「スイング」は全て「アッパースイング」になっている

ということです。

ちょうど、腰付近に来た投球をとらえているような画像をみても「ヘッド」は必ず下がり、「アッパースイング」になっています。

現実的に見て「ダウンスイング」や「ヘッドを立てること」はできません。

この現実を見ても、未だに「アッパースイング」をアンチと考えることは非常にナンセンスなことです。

さらに言えば、結果的に「ヒット」が打てて、「ホームラン」が打てる方法を研究し、それらの結果を生み出す「バッティングフォーム」や「スイング」であれば、「アッパースイング」だろうが、その他の「スイング」であろうと関係ありません。

「ダウンスイング」を意識することで「ホームラン」を量産できるのであれば問題ないということです。

ただし、現実は身体の構造を考えれば、必ず「アッパースイング」になています。

よっぽどの悪球打ちでない限りは。

>次のページ:バッティングにおいて「アッパースイング」を意識することよりも大切なこと

竹バットの関連記事

Contents Menu

金属バットでいくら練習してもバッティング技術は身につかないって知ってた?
王貞治氏の一本足に隠された秘密
バッティングを上達させるために大切なこと
ドイツ・ブンデスリーグに所属する「片山和総」選手も「MONOBUN」を大絶賛しています!
野球選手はバットを捨てて本をとれ。
バッターの手首の故障を減らすために必要なこと

最新記事のチェックにフォローしよう