苦手なコースはなぜ苦手なのか?~苦手なコースの克服法~

打者の苦手なコースはなぜ苦手なのか?

打者であるなら誰でも、「うまく打てない」、「しっかりスイングができない」、「見逃してしまうことが多い」といったコースがどうしてもあると思います。

「苦手なコース」というのがあるのが普通です。

しかし、なぜその「コース」が苦手なのか考えたことがありますか?

苦手の原因はどこにあるのでしょうか。

もしその原因が分かれば、対策を練ることができます。

しかし、一番危険なのは、その「コース」を打つために、身体のバランスを崩して、どこも打てなくなってしまうことです。

そのため、原因を知るのは慎重に行いたいものです。

さて、なぜ「苦手なコース」というのが生まれてしまうのでしょうか。

それは

苦手なコースをうまく打てないように自分自身で打てないようなスイングや準備をしているから

です。

苦手になるのは、苦手になるまでのプロセスがあります。

これはつまり、「その反対をすれば苦手ではなくなる」ということとも言えます。

>次のページ:打者の苦手なコースの克服法

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

坂本勇人選手と糸井嘉男選手のバッティングの共通点

2016年8月1日

松井選手のMVPを陰で支えた名トレーナー「小波津祐一氏」 ~「治せない」と言われたものを治すのが治療家~

2016年2月5日

バッティングのトレーニングをする時に考えること

2017年1月9日

野球選手をダメにしているのは親のあなたかもしれない

2016年3月21日

正面のゴロをバックハンドで捕ると怒られるのは何故? ~バックハンドをもっと使おう!~

2016年7月19日

野球界の練習は僧侶育成プログラム?! ~今の野球界には進化が求められている~

2016年3月14日