苦手なコースはなぜ苦手なのか?~苦手なコースの克服法~

打者の苦手なコースはなぜ苦手なのか?

打者であるなら誰でも、「うまく打てない」、「しっかりスイングができない」、「見逃してしまうことが多い」といったコースがどうしてもあると思います。

「苦手なコース」というのがあるのが普通です。

しかし、なぜその「コース」が苦手なのか考えたことがありますか?

苦手の原因はどこにあるのでしょうか。

もしその原因が分かれば、対策を練ることができます。

しかし、一番危険なのは、その「コース」を打つために、身体のバランスを崩して、どこも打てなくなってしまうことです。

そのため、原因を知るのは慎重に行いたいものです。

さて、なぜ「苦手なコース」というのが生まれてしまうのでしょうか。

それは

苦手なコースをうまく打てないように自分自身で打てないようなスイングや準備をしているから

です。

苦手になるのは、苦手になるまでのプロセスがあります。

これはつまり、「その反対をすれば苦手ではなくなる」ということとも言えます。

>次のページ:打者の苦手なコースの克服法

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

手首の痛み(TFCC損傷)にはタイカップ

2016年11月16日

アッパーであろうとダウンであろうとバッティングには関係ない

2017年3月8日

もう無意味な練習はやめませんか?~スピードの速いバッティングマシン~

2015年12月9日

ボールをよく見たら打てない

2016年8月17日

上達する一番の方法は”サボる”こと ~野球の常識はスポーツの非常識~

2016年2月1日

バッティングのヒントが欲しければ「コマ」を見ろ!

2016年6月25日