技術向上

苦手なコースはなぜ苦手なのか?~苦手なコースの克服法~

打者の苦手なコースはなぜ苦手なのか?

打者であるなら誰でも、「うまく打てない」、「しっかりスイングができない」、「見逃してしまうことが多い」といったコースがどうしてもあると思います。

「苦手なコース」というのがあるのが普通です。

しかし、なぜその「コース」が苦手なのか考えたことがありますか?

苦手の原因はどこにあるのでしょうか。

もしその原因が分かれば、対策を練ることができます。

しかし、一番危険なのは、その「コース」を打つために、身体のバランスを崩して、どこも打てなくなってしまうことです。

そのため、原因を知るのは慎重に行いたいものです。

さて、なぜ「苦手なコース」というのが生まれてしまうのでしょうか。

それは

苦手なコースをうまく打てないように自分自身で打てないようなスイングや準備をしているから

です。

苦手になるのは、苦手になるまでのプロセスがあります。

これはつまり、「その反対をすれば苦手ではなくなる」ということとも言えます。

>次のページ:打者の苦手なコースの克服法

技術向上の関連記事

Contents Menu

『野球の常識はスポーツの非常識』が無料で読めるチャンス! ※2日間限定
野球選手のトレーニングで根本的に間違っていること
体幹から力を伝えたバッティングって何?
あなたが打てないのはテイクバックをとっているから
バットを短く持つことに意味はない
バッティングにおいて「前を大きくスイングしろ」というアドバイスは無意味

最新記事のチェックにフォローしよう