技術向上

苦手なコースはなぜ苦手なのか?~苦手なコースの克服法~

打者の苦手なコースはなぜ苦手なのか?

打者であるなら誰でも、「うまく打てない」、「しっかりスイングができない」、「見逃してしまうことが多い」といったコースがどうしてもあると思います。

「苦手なコース」というのがあるのが普通です。

しかし、なぜその「コース」が苦手なのか考えたことがありますか?

苦手の原因はどこにあるのでしょうか。

もしその原因が分かれば、対策を練ることができます。

しかし、一番危険なのは、その「コース」を打つために、身体のバランスを崩して、どこも打てなくなってしまうことです。

そのため、原因を知るのは慎重に行いたいものです。

さて、なぜ「苦手なコース」というのが生まれてしまうのでしょうか。

それは

苦手なコースをうまく打てないように自分自身で打てないようなスイングや準備をしているから

です。

苦手になるのは、苦手になるまでのプロセスがあります。

これはつまり、「その反対をすれば苦手ではなくなる」ということとも言えます。

>次のページ:打者の苦手なコースの克服法

技術向上の関連記事

Contents Menu

【元】ジャイアンツ×【現】治療家に聞く野球選手に大切なこと ~Haris Paris(ハリパリ)鍼灸整骨院/芦澤明氏~
バッティング練習をするなら強打者の条件を定義せよ
バッティングをする時に左脇を閉めろ・・・なんて大嘘。
バッティングのトレーニングで苦手なコースを克服する方法
女子野球選手にこそ取り入れて欲しい練習法
テイクバックをとるからあなたは打てない

最新記事のチェックにフォローしよう