うさぎ跳びは効果的なトレーニング ~うさぎとびが「膝」や「腰」に悪いのは嘘~

うさぎ跳びは効果的なトレーニング

野球界では昔から行われていた「うさぎ跳び」が「膝」や「腰」に悪いと言われ、トレーニングから除外するところが増えてきています。

今ではあまりみかけなくなってきたトレーニングですが、果たして本当に「膝」や「腰」に悪いのでしょうか?

そして、「うさぎ跳び」は効果のないトレーニングなのでしょうか?

実は、野球界で考えているような「うさぎ跳び」のイメージは嘘で、実に効果的なトレーニングなんです。

「スクワット」やるなら「うさぎ跳び」をやれ

私の現役時代には「うさぎ跳び」は練習に取り入れておりました。

さらに、大半のプレイヤーが行っているトレーニングでもありました。

しかし、「うさぎ跳び」が原因で「腰」が痛くなったり「膝」が痛くなったりしたことなはなく、また周囲の選手にもそんな選手はいませんでした。

つまり、「うさぎ跳び」が「腰」や「膝」に悪いなんていう科学的なデータなんかありません。あくまでイメージです。

むしろ、「ダイナミックストレッチ」、「ストレッチショートニングサイクル」、「伸張反射の融合」な運動形態」が起こるような「関節ポジション」を、力の加減で調整ができるのであれば、かなり効果的なトレーニングと言えます。

簡単に言えば、筋肉の動作の形態が野球などのスポーツの動作に非常に近いトレーニングなので、「スクワット」を行うぐらいであれば、「うさぎ跳び」の方がよっぽど効果的です。

「スクワット」などのトレーニングは筋力を肥大化させてはいますが、野球選手の動きには直結した動きではありません。

また、「股関節」の伸展や重力に拮抗する「ジャンプ」というのは、野球の投手のリリース時の股関節の運動に似ています。

さらに「前進の運動」は、どこか一部を集中的に疲れさせるトレーニングではなく、上半身も使った全身運動なので、筋肉の連動の観点からも効果的です。

次のページ:スポーツに「筋トレ」が効果的でない理由

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球選手はアウトになることを恐れなくなると上手くなる

2016年12月28日

野球のバッティング技術を向上させるなら、剣道の面打ちが効果的

2015年11月13日

イチローのバッティングフォームを真似すると何故だめなのか

2017年3月23日

バッティングのトレーニングで苦手なコースを克服する方法

2016年10月5日

野球を上達したいなら練習をシンプルに考えましょう。

2016年12月26日

野球の練習は根本的に間違っている

2017年12月6日