技術向上

テイクバックは必要ありません ~テイクバック不要論~

テイクバックをしないことに気づいていないことが多い

意外にも思われるかもしれませんが、野球界には約50年も前からテイクバック不要論はありました。

世界一のホームラン王である王貞治氏が実践してきたことなのですが、なぜか他の選手にはそれが浸透しませんでした。

(『何のためにやっているか知っていますか? ~王貞治氏の一本足に隠された秘密~』)

正確に言えば、浸透はしていたけれど、テイクバックをとっていないことがポイントだったと気づいていなかった、という方が適切なのかもしれませんね。

昔のプロ野球でもテイクバックをとらないことで、コンスタントに結果を残している選手はいたのですから。

>次のページ:テイクバックをとらない方法

技術向上の関連記事

Contents Menu

金属バットでは技術はつかない ~木製バットで本物の足腰を手に入れる~
試合に出るために最も必要なことは技術ではありません
打者がバッティング練習ですべきことは1つだけ
野球選手は指導者の不安を解消するための道具ではない
野球選手が外野の守備範囲を広げる方法
これからの野球選手が上達したければ常識を疑うこと

最新記事のチェックにフォローしよう