技術向上

テイクバックは必要ありません ~テイクバック不要論~

テイクバックをしないことに気づいていないことが多い

意外にも思われるかもしれませんが、野球界には約50年も前からテイクバック不要論はありました。

世界一のホームラン王である王貞治氏が実践してきたことなのですが、なぜか他の選手にはそれが浸透しませんでした。

(『何のためにやっているか知っていますか? ~王貞治氏の一本足に隠された秘密~』)

正確に言えば、浸透はしていたけれど、テイクバックをとっていないことがポイントだったと気づいていなかった、という方が適切なのかもしれませんね。

昔のプロ野球でもテイクバックをとらないことで、コンスタントに結果を残している選手はいたのですから。

>次のページ:テイクバックをとらない方法

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティング練習をするなら強打者の条件を定義せよ
バッティングで狙うなら高めが有利?低めが有利?
MONOBUNを使って簡単にバッティングのコツを掴む方法
テイクバックをとればとる程 打球が飛ばなくなる事実
野球選手にとって必要なトレーニングとは何なのか? ~プロレスリングNOAH/金丸義信氏インタビュー~
スイングはキレイな円を描くとダメ! ~これからのスイングの常識はインサイドアウトが鍵~

最新記事のチェックにフォローしよう