MONOBUN

前代未聞の野球選手向けトレーニングアイテム

前代未聞の野球選手向けトレーニングアイテム

野球選手が「トレーニング」と聞くとどんなものをイメージするでしょうか。

恐らく

辛く苦しいものでより大きな負荷をかけ、その負荷に打ち勝つことができる自分を作り上げること

だと思います。

分かりやすいところで言えば、長時間の走り込みやウエイトトレーニングなどでしょう。

肉体的にも、精神的にも、強靭になるべく体を鍛えることだと思っているはずです。

しかし、冷静になって考えてみましょう。

野球選手にとってトレーニングは何のために行うのでしょうか。

答えは簡単ですよね。

野球を上手くなるためにトレーニングを行います。

というよりも、全ての練習は野球を上手くなるために行うものです。

しかし、トレーニングの目的は何でしょうか。

それは「強靭な体を作るため」です。

では「強靭な体をつくること」と「野球が上達すること」は同じでしょうか。

もちろん一致してくる部分もあるものの、その大半は違っていることを理解しているでしょうか。

トレーニングは野球が上手くなるためにやらなければなりません。

極端な話で言えば、何もしなくても野球が上手くなるのであれば「何もしないこと」がトレーニングだと言えます。

反対に、どれだけ苦しく辛いトレーニングであっても、野球の技術が向上し結果が出ないものであれば、それはトレーニングとは言えません。

つまり、

全てのトレーニングは野球選手としての結果を検証する上で初めて意味がある

ものです。

現在の野球界のように、「何となく上手くなりそう」、「昔から言われていることだから」、「有名選手がやっているか」、「著名な監督がやっていたことだから」というものはトレーニングの根拠になりません。

一つ一つ現在のトレーニングを細かく検証していけば、大半の練習やトレーニングが無意味であることがすぐに分かるでしょう。

辛く苦しい練習が野球選手に必要なわけではありません。

辛さや苦しさは関係なく、野球が上手くなることだけを追求しましょう。

そんな野球界の現状を理解し、今までの常識を覆してくれるトレーニングアイテムがあることをご存じでしょうか。

それは

MONOBUN

です。

既に利用しているユーザーは、ここに記されている意味を簡単に理解できることと思います。

しかしMONOBUNを中々理解できない人は今までの常識に縛られ、食わず嫌いになっている人が多いように思います。

「何のためになるのか?」、「何がいいのか?」、「鳴らし方はどうするのか?」といったことを振る前から考えすぎています。

自分が子どもの頃に何かを始める時に考えていたことは何でしょうか。

答えは単純です。

楽しいから、楽しそうだからやっていたはずです。

MONOBUNを振ることも同じです。

MONOBUNで鳴らすことができる爆風音はいったいどんな音なのだろうか・・・MONOBUNを振ったらどんなにバッティングがよくなるのだろうか・・・そんな期待を込めて今までにないMONOBUNを振ってみてください。

ただただ楽しんでトレーニングをしていれば勝手に上手くなってしまっているアイテムこそがMONOBUNの真骨頂です。

そんなアイテムが今まで野球界にあったでしょうか。

MONOBUNは野球界始まってい以来の前代未聞のトレーニングアイテムです。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がありません(『マスコットバットはスイングスピードを遅くする』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います(『バッティングを良くしたければMONOBUNをネクストに置こう』)。

なぜなら「MONOBUN®」には、もう一点優れたポイントがあります。

それは、「調子の波を感じることができる」ということです。

普段は「MONOBUN」を振って「爆風音」を鳴らしていた選手が、調子を崩すと必ずといって「爆風音」を鳴らすことができなくなります。

同じ意識で振っていれば「爆風音」が鳴らなくなるのは当然で、人間の身体は常に変化しているためです。

そんな微細な変化すら「MONOBUN」は感知し、体感させてくれます。

調子を崩し始めるその前に「MONOBUN」を振って、「爆風音」を鳴らすことができる「あなたに合った効果的な身体の使い方」を実現しておきましょう。

今や「MONOBUN」はオールジャパンに選出される選手も愛用頂いています(『MONOBUN戦士がオールジャパンに選出されました。』)。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

「MONOBUN」を使って「スイングフォーム」を手に入れた後は、実際の「ボール」を打つときにも同じ「スイング」を実現させる必要があります。

そんな時にはできる限り「木製バット」で練習することをおススメします。

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

MONOBUNの関連記事

Contents Menu

バッティングのトレーニングならMONOBUN~ネクストバッターズサークル編~
MONOBUNを使って簡単にバッティングのコツを掴む方法
MONOBUNをネクストで使ってますか?
ドイツ・ブンデスリーグに所属する「片山和総」選手も「MONOBUN」を大絶賛しています!
芯で捉えられない最大の原因はフルスイングをしないから
【再入荷しました!】MONOBUN ~バッティングのあらゆる悩みを解決する~

最新記事のチェックにフォローしよう