技術向上

野球選手が勉強することによって得られるメリット

野球選手が勉強することによって得られるメリット

野球選手はバットやボールを持って練習をするぐらいなら、ペンを持って勉強した方が圧倒的にメリットがあります。

それは人間として生きていく上で大切なことな上に、野球選手としての成長メリットも多分に含まれています。

野球選手であれば、放っておいてもバットは振るし、ボールを投げます。

そんな練習熱心な姿は年齢問わず、小学生から高校生まで日が暮れるまで練習をしています。

しかし実は、その熱心さが野球の上達を最大化することの妨げになっています。

野球選手が野球の練習をするのは当たり前の話です。

ライバルに差を付けたいなら同じことをやっていても差を付けたり、ついてしまっている差を抜き返すことはできません。

そんな方法を知る最大の方法が勉強です。

学生の本業は野球ではなく勉強です。

義務教育の内容の可否については様々な議論があると思いますが、野球ばかりをやってきて社会に放り出された身としては、義務教育段階での勉強の重要さに気づきます。

同じ気づきをもっている元野球人は少なくないでしょう。

しかし、野球界にどっぷりつかり続けている人間にはいつまでも気づきはなく、また野球界を回し続けている人間が同タイプの人間なので、業界自体も変化することがありません。

その結果、明らかに野球界はその他のスポーツからも一般社会からも取り残される存在となっています。

まがいなりにも「野球界」だけで経済が成り立っていた時代が長く続いた弊害ともいえるでしょう。

今、ある意味で面白い試みになるのではないかと考えていることがあります。

それは

別競技の指導者が野球を指導すること

です。

別競技の指導者が「野球」というスポーツを見ることでたくさんの気づきをお互いに得られるのではないかと思います。

>次のページ:野球界の悪しき習慣は延々と続く

技術向上の関連記事

Contents Menu

マスコットバットを振るとスイングスピードが落ちる
規格外の野球選手になりたいなら効果を検証せよ
バッティングで打球を飛ばせすためには力ではなく技術
大会直前の「調整」練習に意味はありません ~大会にベストコンディションで挑む方法~
野球の練習は修行ではない ~練習の本来の目的とは~
野球選手にクッション性の高いシューズは危険

最新記事のチェックにフォローしよう