技術向上

バッティングを良くしたいなら力の流れを考えろ。

バッティングを良くしたいなら力の流れを考えろ。

野球選手として、バッターとしてパフォーマンスを高めていきたいと考えているなら「力の流れ」というものを考えなければいけません。

人間は何かの動作を行う時に、大きなエネルギーを生み出すためには、一方向への力だけでは実現できません。

また、野球でよく言う「軸の通ったスイング」や「安定したスイング」を実現するためにも「力の流れ」が大きな影響を与えています。

優秀な打者は、感覚的に「力の流れ」を理解しているので高いパフォーマンスを発揮しています。

しかし、優秀だと言われている打者も、感覚的に理解しているだけなので、調子を崩せば「力の流れ」を考えなければ調子を戻すことは難しいでしょう。

では「安定したスイング」が実現できている時に「力の流れ」はどうなっているのでしょうか。

それはまさに、コマが上手く回っている時の状態です。

コマが上手く回っている時とは

外へと向かう力と内へと向かう力が均衡している時

です。

どちらかの力が崩れてしまった時、コマは回ることを辞めます。

バッティングもまさに同じです。

バットを振る時、バットの重みを体が感じ取り、バットの遠心力によって、力が拮抗しながら、各部を力が伝達していくことで、バッティングに大きな力を生み出すことができます。

すると当然ながら打球は遠くへと力強くとんでいきます。

筋トレは主に外側への力を強める行為なので、外側への力を強めれば一見飛んでいきそうですが、バランスを崩してしまい、パフォーマンスを落とすことにつながるか故障をしてしまうのがオチです。

では、外向きの力と内向きの力を均衡させた状態をバッティングで実現するにはどうすればいいのでしょうか。

>次のページ:力の流れを均衡させるには軽いものを振れ

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球が上達するために必要な練習を見分ける方法
野球選手が現役時代にやっておくべきこ
イチローのフォームを真似したあなたに訪れる悲劇 ~人の真似をしてもスイングは良くならない~
「体幹トレーニング」の「体幹」ってなんのこと? ~本当の「体幹」を鍛える唯一の方法~
人間は力を込めた状態からでは100%の力を発揮できない
TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)の原因と対処法

最新記事のチェックにフォローしよう