技術向上

野球選手は失敗した時に練習しない方が上手くなる

野球選手は失敗した時に練習しない方が上手くなる

スポーツ選手、特に野球選手にありがちな練習の捉え方があります。

それは、

・試合に負けたから練習するしかない
・上手くいかないから練習するしかない
・結果が出ないから練習するしかない

と考えることです。

練習しなければ上達しないことは否定しません。

しかし、練習をしたからといって上達するのでしょうか?

または、練習することでパフォーマンスが低下することはないのでしょうか?

上記のような考え方をしている人に質問があります。

それは

あなたは今まで練習をしてこなかったのか?

という質問です。

間違いなくそんなことはないはずです。

そして今までも同様に、失敗をすればさらなる練習によって負荷をかけてきたはずです。

何も今回が初めてではないはずです。

このように練習に対する捉え方を文字にすれば、とてもナンセンスなことをしているのに気づかないでしょうか。

それは、

練習しても練習しても上手くいかないのであれば、それは練習の方法が間違っているだけ

です。

間違った練習に別の練習を付け足しても意味がありません。

何かうまく行かない時で、今まで頑張ってきた時は、まず頭を冷やし、思い切って練習をやめることが大切です。

間違っても「耐えてみる」ということをしてはいけません。

耐えないことも勇気です。

野球選手が最も恐れるべきことは「故障によってプレーできなくなること」です。

それにも関わらず、効果のない練習、無意味な練習を繰り返すことは、最も怪我や故障のリスクを高める行為です。

おまけに上達もしないような練習をしていたとしたら報われる部分が一つもありません。

>次のページ:野球選手が失敗した時に練習してしまう最大の問題

技術向上の関連記事

Contents Menu

甲子園に2度出場し、社会人野球で全国1位を経験して思うこと
野球選手は足が速くなくても盗塁はできる
バッティングの極意は薪割にあった! ~薪割を練習にとりれるススメ~
バッティングが上手くいかない時の最大の処方箋は練習を辞めること
【第4話】審判に好かれる投手になる方法 ~審判を利用して試合に勝つ小悪魔的手法~
スイングスピードを求めると打てない??!~脱スイングスピード宣言~

最新記事のチェックにフォローしよう