技術向上

大手メーカーの新商品を使えば使うだけ野球が下手になる

大手メーカーの新商品を使えば使うだけ野球が下手になる

先日、大手野球道具メーカーが一堂に会し、最新の野球道具を有望な選手たちを中心に体験し、野球人気が低迷してしまっている昨今の現状を打開しようとイベントを開催していました。

これらの動きは、関わっている一人一人の人間の努力は素晴らしいものの、根本的な部分の方向性が間違っているため逆効果になってしまっています。

それは、

大手メーカーの新商品を使えば使うだけ野球が下手になってしまっているから

です。

野球界を盛り上げる最大の要因は

規格外の選手が誕生すること

です。

かなり昔で言えば、王貞治氏と長嶋茂雄氏のONコンビや、甲子園を沸かした荒木大輔や松坂大輔、そしてイチロー選手や松井選手といった今までの野球界では考えられなかったような記録と記憶を残してくれる選手が現れてくることで野球人気が盛り上がります。

そうすれば多くの野球少年の中に「野球が好き」という感情が芽生え、あとはそれぞれの選手が自然に成長していきます。

つまり野球人気を根底部分から覆していこうと考えれば、

規格外の野球選手が生まれる環境をどうすれば創ることができるかを考えること

です。

ここまでシンプルに考えられる環境はあまりないのかもしれませんが、根底部分の考え方がここになければ上辺だけの取り繕ったような解決しか望めないでしょう。

では、規格外の野球選手が生まれるためにはどうすればいいのでしょうか。

結論から言えば、

野球選手としての能力を純粋に磨く環境を創ること

です。

詳しくは『規格外の野球選手になる方法』で記しているので気になる方はご確認下さい。

そして、大手メーカーの新商品を使っていく流れは、この規格外の選手を生み出す流れと逆行してしまっている事実にお気づきでしょうか。

>次のページ:野球選手が実現しなければならないのは人間本来の能力向上

技術向上の関連記事

Contents Menu

わざとゴロを打てるような優秀な打者のバッティングの考え方
野球界の練習は僧侶育成プログラム?! ~今の野球界には進化が求められている~
打球の飛距離とバッティングのスイングスピードは比例しない
三振を減らすために必要なことは2つだけ
野球界は非常識のオンパレード
バッターがチームバッティングをする上で必要なこと

最新記事のチェックにフォローしよう