技術向上

バッティングは当てにいくと当たらなくなるのが野球

なぜそんなにシンプルなバッティングの基本が語られないのか

ではなぜこんなにシンプルなバッティングの基本が野球現場では語られてこないのでしょうか。

それは、

インパクトの瞬間に100%の力を伝えるためには身体をどう使えば良いのか誰にも分からないから

です。

そのため、指導者は何らかのもっともらしい言葉で指導をしてしまいます。

100%の力を伝えられるような身体の使い方は人それぞれなので自分で見つけるしか実現する方法は存在していません。

そして仮に、そんなバッティングフォームを見つけたとしても、環境や心境の変化で簡単にベストな状態は変わってしまうため、安定して同じ結果を残すことができません。

つまり、本人にもベストな身体の使い方が分からず、指導者も選手のベストな方法が分からないという状態が今まで続いてきました。

では、自分の現在の瞬間の身体に適したインパクトへと100%の力を伝えるような身体の使い方をどのように習得すればいいのでしょうか。

次のページ:自分の身体に適したインパクトの瞬間に100%の力を伝えるためのトレーニング方法

技術向上の関連記事

Contents Menu

筒香嘉智選手のバッティングの秘密
バッティングでバットを短く持っても実は変わらない。
バッターの手首の怪我・故障は減らせるのか?? ~バッターが怪我・故障を減らす方法~
バッティングでボールを芯で捉えられない最大の原因
野球選手を引退したら野球界を離れるススメ
バッティングで身体全体を使うために必要なこと

最新記事のチェックにフォローしよう