技術向上

きつい練習が正しい練習ではない

きつい練習が正しい練習ではない

野球選手に限らず、練習やトレーニングは辛く苦しいものです。

しかし、それと同時に昔から神話のように語り継がれている言葉達があります。

その言葉とは、

・努力は裏切らない
・日本一辛い練習をしたチームが日本一のチームになる

というものです。

これらの言葉に対して、批判を覚悟で言います。

努力は簡単に裏切ります。

そして、日本一練習量が多くなくても日本一のチームになるチームはあります。

とはいえ、これは決して努力を否定しているわけでもなく、練習をしなくてもいいと言っているわけでもありません。

問題は求める結果の違いです。

精神力を鍛えたり、苦しい時にでも歯を食いしばることが人間を育てる上では、野球界の伝統的な練習方法は一役も二役も買うでしょう。

しかしそれが、

勝利という結果を生み出すかは別問題

ということを忘れてはいけません。

>次のページ:野球の練習には常にプラスとマイナスの要素が存在する

技術向上の関連記事

Contents Menu

打者がシーズンオフに必要なことは常識と真逆だったという事実
バックネットに飛ぶファールに意味なんてない
前を大きく振るためには 前を大きく振る意識をなくすこと
手首の痛み(TFCC損傷)にはタイカップ
重心は後ろがいいの? 前がいいの? ~スイング時の重心位置のハナシ~
ゴロは前に出た方が捕りやすいのは本当なのか

最新記事のチェックにフォローしよう