技術向上

バッティングは当てにいくと当たらなくなるのが野球

バットをボールに当てようとしなくても自然に当たるようになるのが野球

では、空振りばかりを続けている選手には、どのようなアドバイスをかければいいのでしょうか。

投手が投じたボールは、必ず打者の方に向かって来ます。

これは変わることのない事実です。

打者から離れて行くことはまずありません。

必ず打者の方に向かって来るため、ボールは待っていれば問題ありません。

そして向かってきたボールで、バットが当たる範囲のボールだけを打てば問題ありません。

つまり、

決してボールに当てにいこうなんてする必要がない

ということです。

そのため、

同じ空振りでもとにかく待って待って、自分のスイングができるようにすること

が大切です。

バットをボールに当てようとすると、人間の特性上、必ず弱々しいスイングになり、体が投手側に流れてしまいます。

すると、バットにボールが当たる確率は下がる上、仮に当たっても弱々しい打球しか打てません。

それでもヒットやホームランにしてしまう打者がいることは事実ですが、それらの選手はよほどバッティング技術を持っている選手なので、全ての選手に目指させることは問題外です。

>次のページ:打者はどんどん空振りをしましょう

技術向上の関連記事

Contents Menu

プロ野球選手の本音はチームのためになんて思っていない。
野球選手を引退したら野球界を離れるススメ
野球を下手にさせているのは自分自身 ~野球をやり続けるために一番やらなければいけないこと~
野球の練習は修行ではありません。
バッティングでボールを芯で捉えられない最大の原因
野球選手に足りないモノ ~野球はマイナースポーツだと理解すること~

最新記事のチェックにフォローしよう