技術向上

きつい練習が正しい練習ではない

野球の練習には常にプラスとマイナスの要素が存在する

野球選手が忘れがちなことに

行なった努力は必ず何かしらのプラス要素とマイナス要素が存在している

ちいう事実があります。

そしてそれらのプラス要素が選手自身の本意にあっているかは別の問題です。

人間として生きる上でプラスであっても、野球選手としてマイナスなこともあれば、またその逆もあります。

そして、同じ野球選手でも、ある選手にとってはプラスでも、ある選手にとってはマイナスなことはいくらでも存在しています。

それらをすべてひっくるめて、「とにかく努力すれば上達する、上達していないやつは努力(才能)が足りないから」という考え方は、いかに無責任な発言なのでしょうか。

野球選手に必要なことは、

それぞの目標に対して、それぞれのタイミングで、それぞれの方法を用いて野球選手として上達するために努力すること

です。

努力だからといって身体を動かすことだけが全てではありません。

自分の身体がどのように動いているのか勉強することも努力の一つです。

練習せずに休息をとることも努力の一つです。

ポイントは、

間違っていたとしても根拠をもって野球を上手くなるために努力し検証しているかどうか

です。

>次のページ:野球選手に必要なことは身体を動かす努力ではない

技術向上の関連記事

Contents Menu

そのティーバッティングは何のためにやってるの?
バッティングの苦手なコースへの対処法
「野球」をなんのためにやっているの? ~野球界が無意味な練習を続ける理由~
あなたが試合に出られないのは信用がないから~技術は二の次~
スイングする時に回転は意識してはいけない?! ~打者の股関節のハナシ~
ゴロを正面で捕ってもアウトにならなければ意味がない ~ブンデスリーグ「ケルンカージナルス」/片山和総氏インタビュー~

最新記事のチェックにフォローしよう