技術向上

野球選手と指導者との溝が埋まらない野球界

野球選手と指導者との溝が埋まらない野球界

世の中が激変の時期に突入していることは誰しもが感じる所になりました。

物事に好奇心が旺盛で、様々な情報にアクセスし、学んでいる人間にとっては、現状をある程度は予測できていたことでしょう。

野球界でも同様のことが起きる兆しが出てきています。

30代の指導者が徐々に増えてきているため、時代の変化に対応していこうとしている反面、高齢の指導者を元に昔からのやり方を続ける状況が続いています。

昔のやり方を否定しているわけではありませんが、時代には時代にあったベストなやり方が存在しています。

適応しなければ、現役の選手と指導者の間にギャップが生まれてしまうのは当然のことです。

このギャップを生み出している要因はシンプルなものです。

指導者は

情報が少ない方々が多く

現役選手は

情報過剰になっている

からです。

>次のページ:スマホも持っていない野球指導者には気をつけろ!

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングは結果的に良くなるようにトレーニングする
バッティングを向上させるためにフォームはつくらない
野球選手が野球を通して学べる事
あなたはちゃんと病気の対策をしている? ~試合に出るためには病気は天敵/Ziasui~
バッティングは筋力があるから打球が飛ぶわけではない
野球選手は指導者が育てるのではなく自分で育つもの

最新記事のチェックにフォローしよう