技術向上

バッターが三振しないために大切な2つのポイント

バッターが三振しないために大切な2つのポイント

バッターがバッティングをする時に最も避けたいことと言えば「三振」です。

なんとなく屈辱的な気分に陥ります。

三振してベンチに帰っていく時は、なんともいたたまれな気になります。

三振に対しては、良いイメージを持っている人は少ないですよね。

「見逃し」での三振となるとさらに悪い印象があります。

そんな、できることならしたくない「三振」をどうすれば減らすことができるでしょうか。

本日の記事では三振を減らすための最短方法について記していきたいと思います。

三振を減らす方法を知るためには、まず「三振」をしてしまう原因を研究してみましょう。

すると三振を減らすためにはたった2つのポイントしかないことが分かってくるでしょう。

 

当然ながら「三振」と一口にいっても原因は人それぞれです。

「三振すべくして三振する」人もいれば、「投手の実力が完全に勝っている場合」や「打者の凡ミスの場合」など原因は様々です。

投手の実力が完全に勝っている時の「三振」は練習して出直すしか方法はないため、ここでは考えないようにします。

つまり、

「三振するべくしてした三振」と「凡ミスによる三振」をできるだけ減らす方法を考える

ということになります。

例えば、「ストライクを見逃した後にボール球を振って空振りしてしまう」、「完全に自分のスイングを見失って中途半端なスイングによって三振してしまう」、「振るつもりがなかったのにバットが出てしまった」というような三振を避けようということです。

では、これらの「三振」を避けるためにはどのようなことが重要になってくるでしょうか。

実はこの答えはシンプルです。

それは、

「待ち方」と「予備動作をなくすこと」

です。

>次のページ:バッターが三振を減らす「待ち方」と「予備動作」のなくし方

技術向上の関連記事

Contents Menu

ダウンスイングの真実~上から叩くな、ゴロなんか狙うな~
明日からバッティングが変わる ~芯で捉える究極の裏技~
投手心理をマルハダカにして投手を打ち崩せ!~第1話:試合前の投手心理~
本気でバッティングを良くしたいならフォームを作ってはいけません
バッターが苦手なコースを克服する方法
野球選手は今すぐ「肩関節」を勉強せよ! ~バッティングにだって「肩関節」は大切~

最新記事のチェックにフォローしよう