技術向上

野球の練習は修行ではありません。

野球の練習は10時間練習しなければ練習ではないのか

さらに言えば、2時間程度の練習で今以上の成果を出す練習方法は存在しています。

ただ、野球の練習が研究されていないだけです。

野球の練習はうまくなるために行うのであって、「修行」や「拷問」を行っているのではないと理解できるかどうかだけで先は決まってきます。

多くの野球選手は、練習の長さや過酷さにより練習をこなすことだけに集中し、技術を上達させることに集中できていません。

野球界の傾向として、10時間練習しなければ野球の練習ではないという風潮があります。

もう一度、野球練習は、細かい部分まで見直す必要があると思います。

過去の野球を経験した人間からすれば、悲しく感じてしまう所もあるとは思いますが、時代は移り変わっています。

様々な反論もあると思います。

しかし、一度だけで構わないので、今までの大半の練習が無駄だったという視点を持って練習内容の粗探しをしてみてください。

それぐらいのことをしなければ、野球界の縦社会の色が強すぎて今までやってきたことを否定する余地もないでしょう。

一度考えてみるぐらいなら損はないはずです。

技術向上の関連記事

Contents Menu

ストレッチの正体を知る。
打者と投手はどっちが有利か
あなたはまさか「ボールをよく見て」打とうとしてませんよね?
ゴロを打てより遠くに飛ばせがこれからの常識
バッターのイップスのハナシ。
野球を上達したければ監督のハナシは聞き流せ

最新記事のチェックにフォローしよう