技術向上

野球のバッティングに「タメ」は必要なのか

野球のバッティングに「タメ」は必要なのか

野球選手で、打者であればバッティングに関して「タメをつくると良い」と一度は言われたことがあると思います。

特に不調に陥った時には言われるのではないでしょうか。

しかし、そもそも「タメ」が何なのか具体的に分からないまま野球界では「タメ」という言葉が氾濫しています。

あなたは「タメ」が何なのか知っていますか?

以下のことを一度考えてみてください。

・「タメ」がありすぎると → バットが振れない
・「タメ」がなさすぎると → 泳いでしまう
・「タメ」が適切だと → うまく当たる

この3項目をよく読んで何か気づくことがないでしょうか。

それは「適切」という言葉です。

この「適切」という言葉は非常に曖昧な言葉です。

この言葉がバッティングをかんがえる上で大切な要素を隠してしまっています。

その要素とは

相手投手の存在

です。

>次のページ:バッティングのタメの正体を探る

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングは筋力があるから打球が飛ぶわけではない
トスバッティングが意味をなさない理由
スクワット VS うさぎとび ~野球に必要な足腰のためにはどっち?~
練習のための練習はやめませんか? ~試合で生きるバッティング練習とは~
バッティングで安定した身体をつくるために必要なこと
打者がワンバウンドのボールをつい振ってしまうワケ

最新記事のチェックにフォローしよう