技術向上

野球界の常識的なアドバイスに踊らされてはいけない

野球界の常識的なアドバイスに踊らされてはいけない

野球界には伝統的に言い伝えられている数々のアドバイスがあります。

私も様々なアドバイスを様々な人から受けてきました。

 

例えば、

・ボールは上から叩け
・とにかく走りこめ
・正面でボールを捕れ
・ボールをよく見ろ
・ボールはできるだけ前で離せ

など、数え上げるときりがありません。

しかし、今まで常識として語られてきたアドバイスの大半は無意味なものばかりです。

本質的な意味が伝わらなくなってしまったのか、そもそも迷信だったのかは定かではありませんが、現代には有効的なものはほとんど存在していません。

少なくとも上記にあげたアドバイスに限っては、意味がないことは、現代の情報を用いれば簡単に理解することができます。

これらの言葉を真剣に実践し、結果にまでつながる選手はほとんどいません。

そんな事実には皆が薄々気づいてるのではないでしょうか。

それにも関わらず、そんな無意味なアドバイス達が残り続けるのには、結果が出なければ考える暇もなく、さらに時間としてそれらの練習を強要されます。

そしてまだまだ悪いループはとまりません。

いくらやっても最後まで結果がでなかった場合には

「センスがなかった」、「運がなかった」、「素質がなかった」と片付けられてしまう

というのが野球界です。

センスがなかったと言う前に、上達するような方法論が提案されていないのにすべて選手の責任です。

>次のページ:一人の人間の成功事例は100人に1人も当てはまらない

技術向上の関連記事

Contents Menu

走り込み不要論~野球選手に走り込みはいらない/Kindle版【発売開始】
リストの強さと打球は関係ないって知ってました?~野球の常識はスポーツの非常識~
打者が目指すべきこと
野球の常識はスポーツの非常識part2/Kindle版【発売開始】
サボると上手くなるのが野球界の現実
MONOBUN(モノブン)が破損してしまう原因と改善点

最新記事のチェックにフォローしよう