技術向上

野球選手は練習を足し算で考えるのを辞めましょう

野球選手は練習を足し算で考えるのを辞めましょう

練習量と勝敗は決して比例することはありません。

大事なことなのでもう一度言います。

上手くいかないからといって練習を「足す」ばかりでは上達しません。

ここでは、練習をたくさんすることによって、「根性がつく」、「精神的に強くなる」といった精神論的な要素に関しては考えないことにします。

純粋に

練習量を増やせば勝利の確率を高めることができるのか

を考えてみてください。

すると全員が冒頭で伝えたことに同意されるのではないでしょうか。

冷静に考えて、「根性」と「精神力」だけで試合に勝てるでしょうか。

確かに、「根性」や「精神力」を大切にすることで上手くいく人もいるでしょう。

しかし、そんな人は稀で、「根性」と「精神力」がはまらない人もたくさん存在します。

それにも関わらず、大半の野球選手はうまくいかなければ「練習が足りなかった・・・」と考える傾向にあり、もちろん野球も例外ではありません。

例えば、打てなかった次の日は「バッティング練習」をたくさんこなそうとします。

しかしこれは完全に間違いだと断言できます。

>次のページ:闇雲な練習量には何の意味もない

技術向上の関連記事

Contents Menu

活躍している野球選手の真似をするのは無意味
バッティングが上手くいかない原因は目で見えるもので判断するから
バットを短く持つことに意味はない
筋トレをしたところでパフォーマンスが高まるわけではない ~野球選手に「筋トレ本」は不必要~
野球選手が肉離れする原因は筋トレにあった。
野球の練習をせずに上手くなる勇気を持とう

最新記事のチェックにフォローしよう