技術向上

マスコットバットを振るとスイングスピードが落ちる

マスコットバットを振るとスイングスピードが落ちる

突然ですが、野球選手に質問があります。

それは

ネクストバッターズサークルにいる時にマスコットバットを振っていますか?

というものです。

マスコットバットとは、いわゆる通常のバットよりも重たいバットのことですが、バットの先端に重りをつけて振っている方もいると思います。

ちなみに、この文化が生まれ始めたのはいつからなのかご存じでしょうか。

意外に思われるかもしれませんが、ここ十数年の歴史しかありません。

そしてさらに衝撃の事実があります。

それは、

マスコットバットを使用するとスイングスピードが遅くなる

ということです。

大半の方は、マスコットバットのような重いバットをスイングしておくと、その後に通常のバットを振ればスイングスピードが速くなると思ってるかもしれません。

しかし、これはただの感覚でしかなく、現実ではまったく逆のことが起こています。

こんなことは身体のことを勉強すれば簡単に分かってしまうことなのに、純粋な野球人たちはだまされてしまっています。

>次のページ:人間の筋肉は動作を記憶する

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングマシンと投手が投げる140km/hのボールが違う理由
野球選手が腹筋や背筋を鍛えても意味がない
バットを短くもっても本来の目的は達成されないって知ってた? ~根拠のないアドバイス代表~
バッティングに選球眼はいらない?!
バッティングを良くしたいなら力の流れを考えろ。
バットを最短距離で出すと良い理由を知っていますか?

最新記事のチェックにフォローしよう