技術向上

バックネットに飛ぶファールに意味なんてない

バックネットに飛ぶファールに意味なんてない

試合中に打者が必ず一度はファールを打ちます。

そんなファールの中でも、真後ろに飛んだファールチップに対して定説的に言われていることがあります。

それは、

バックネットへのファールチップはタイミングが合っているから良い兆しだ

というものです。

でも、このファールチップ本当に意味はあるのでしょうか。

答えから言ってしまうと、

タイミングが合っているからいいのかというと、ボールは前に飛んでいまないため、単純にストライクが一つ増えただけ

だと言うことです。

つまり、

この一球だけ見れば投手の勝利で、打者はタイミングが合っているのに前に飛んでいないということは何らかのミスを犯している

ということです。

簡単に言ってしまえば、タイミングがあったからといって何の意味もない結果だというハナシです。

>バッティングに対する考え方のピントがずれている

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球界でランニングが重要視されるのに根拠はない
バッティングにおいて隙のない構え方ってどんな構え方?
バッティング上達に足りないのは練習ではない
野球選手の筋トレの代償を考えたことがありますか?
バッティングが上手くいかない原因は目で見えるもので判断するから
変化球はボールを見るから対応できない

最新記事のチェックにフォローしよう