技術向上

バッティングでフライばかり打ってしまう打者の対処法

バッティングでフライばかり打ってしまう打者の特徴

野球の試合や練習中の風景を見ていると、一般的に「フライ」を打ち上げてしまうことは良くない行為として捉えられています。

そのため、多くの野球選手は、フライをあげようと思って打席に入っている人はほとんどいないでしょう。

外野フライを打とうとする場面はあったとしても、基本的にはフライを打とうとは思っていないでしょう。

しかし、意図しない形でフライを打ち上げてしまったり、上からボールを叩こうと思っているのにフライがどうしても上がってしまう・・・という選手が多いようです。

そこで本日の記事では、どうしてもフライを打ち上げてしまう方を対象に対処法をお伝えしたいと思います。

対処法のポイントは、

スイングやフォームではなく考え方と意識の問題

だということです。

>次のページ:バッティングでフライばかり打ってしまう打者の対処法

技術向上の関連記事

Contents Menu

インコースを見逃してしまう原因はバッティング技術ではない
野球選手は本当に自分のために練習をしていますか?
プロ野球選手になるために最も必要なこと
野球を下手にさせているのは自分自身 ~野球をやり続けるために一番やらなければいけないこと~
野球選手がいくら短距離ダッシュをしてもキレは生まれない
「スイングをタテに振りながらヘッドを下げる」が打てるバッターの条件

最新記事のチェックにフォローしよう