技術向上

バッティングでフライばかり打ってしまう打者の対処法

バッティングでフライばかり打ってしまう打者の特徴

野球の試合や練習中の風景を見ていると、一般的に「フライ」を打ち上げてしまうことは良くない行為として捉えられています。

そのため、多くの野球選手は、フライをあげようと思って打席に入っている人はほとんどいないでしょう。

外野フライを打とうとする場面はあったとしても、基本的にはフライを打とうとは思っていないでしょう。

しかし、意図しない形でフライを打ち上げてしまったり、上からボールを叩こうと思っているのにフライがどうしても上がってしまう・・・という選手が多いようです。

そこで本日の記事では、どうしてもフライを打ち上げてしまう方を対象に対処法をお伝えしたいと思います。

対処法のポイントは、

スイングやフォームではなく考え方と意識の問題

だということです。

>次のページ:バッティングでフライばかり打ってしまう打者の対処法

技術向上の関連記事

Contents Menu

フライばかり打ち上げてしまう時の対処法
打者にとって最も大切な筋肉は腕や脚なんかではありません ~バッティングに大切な筋肉~
これからのバッティングはバットを振らない
バッティング上達の極意 ~直線の動きで螺旋の動きを実現する~
野球が上達するために技術論やトレーニングより大切なこと
野球界は他のスポーツから学ぶ姿勢を持とう

最新記事のチェックにフォローしよう