技術向上

バッティングにはインステップとアウトステップどっちが良いのか。

バッティングにはインステップとアウトステップどっちがいいのか。

野球のバッティングについて語られる時、足のステップについての議論は欠かすことはありません。

つまり、

インステップがいいのか、アウトステップがいいのか

という話です。

様々なバッティング理論があるので、インステップ派の意見や、アウトステップ派の意見など様々でしょう。

では、実際にプレーしている野球選手はどちらの理論を信じたらいいのでしょうか。

結論から言ってしまえば、

インステップが良いかアウトステップ良いかなんて議論は無駄

です。

ぶっちゃけてしまえばどちらでも構いません。

そんなことよりも、インステップとアウトステップの特徴を人間の身体の構造から考えてそれぞれ理解しておくことの方が大切です。

インステップの特徴とアウトステップの特徴

では、インステップとアウトステップの特徴を見ていきましょう。

投手が投げたボールというのは、打者に対して横から飛んできます。

そんな自分の横から飛んでくるボールに対してスイングする際に、インステップとアウトステップでは、同じ位置でインパクトを迎えたとしても打球の方向が変化します。

例えば、ホームベースの投手側の縁側でインパクトを迎えたとしましょう。

インステップしていると、レフト方向へ打球が飛んでいき、アウトステップしていると、センターより右方向への打球が増えます。

インステップとアウトステップの違いはこれだけでしかありません。

良いのか悪いのかを誰が判断できるでしょうか。

ある選手にとっては良くて、ある選手にとっては良くない・・・という判断はできても、インステップとアウトステップ自体に善悪は存在しません。

野球界にはインステップとアウトステップ以外にも様々な事象で議論が交わされますが、結論はだいたい選手ごとによって善悪が変化するものばかりです。

人それぞれに適した指導ができない指導者ほど、一つの理論を貫き通そうとしますが、人間の身体dは人それぞれなので、選手はあくまで参考としてその話を聞きましょう。

自分に相性が良ければ取り入れ、相性が悪ければ変更すればいいだけのことです。

技術向上の関連記事

Contents Menu

基本に忠実であることが全てではない ~バックハンドで捕球した方がイイ理由~
バッティングで体幹から力を伝えるために必要なこと
野球界の努力は花開かない。
空振りばかりしてしまう打者には理由がある
野球を下手にさせているのは自分自身 ~野球をやり続けるために一番やらなければいけないこと~
野球選手が外野の守備範囲を広げる方法

最新記事のチェックにフォローしよう