MONOBUN

MONOBUNはバッティングだけが良くなるトレーニングアイテムではありません。

MONOBUNはバッティングだけが良くなるトレーニングアイテムではありません。

MONOBUN(モノブン)を使用してバッティングに変化が生まれているという喜びの声を日々たくさん頂いております。

開発者としてはこれ以上の喜びはありません。

今や、MONOBUNはネクストバッターズサークルに置くチームが現れ、数々のプロ野球選手にも認められるアイテムとなりました。

しかし、MONOBUNの使い方は、実はバッティング技術の向上以外にも利用価値のあるトレーニングアイテムなんです。

それは、なぜMONOBUNを使うとスイングが良くなりバッティングの質が変化するのかを考えれば理解することができます。

MONOBUNとは

使う人の身体にあった効率的な身体の使い方をしたスイングを「爆風音」で教えてくれるトレーニングアイテム

です。

ポイントは「使う人の身体にあった」と「効率的な身体の使い方」です。

 

人間の身体は人それぞれ異なっているため、唯一無二の正しいスイングは存在しません。

正しいスイングは人それぞれ異なって当たり前

プロ野球選手を見ていれば一目瞭然だと思いますが、個性的な構え方やスイングをしている選手がたくさんいると思います。

その状態が当たり前で、選手に一つのバッティング理論を当てはめても、大半の選手は上達することはないでしょう。

むしろ、バランスを崩してしまって下手になってしまう選手の方が多いでしょう。

とはいえ、指導者として何も指導しないわけにもいかず、一人一人に適したアドバイスをするのも知識的にも労力的にも難しいため、指導の効率化を考えれば特定のバッティング理論を指導することが通例になっています。

指導者の人たちも

人それぞれの身体にあった指導をすべきだと気づいているが現実問題できない

という現状があるわけです。

この問題を解決するのがMONOBUNというトレーニングアイテムです。

MONOBUNは「爆風音」を鳴らすことを目的にするだけで、人それぞれの身体にあった効率的なスイングを手に入れることができます。

ある人にとっては「爆風音」を鳴らすためのポイントが別の人にとっては全く意味がないものということがザラに存在しています。

未だかつて一人一人の身体に自動で合わせてくれるトレーニングアイテムがあったでしょうか。

MONOBUNは効率的な身体の使い方を教えてくれる

そして第二のポイントである「効率的な身体の使い方」という点を解説します。

「効率的」と聞くと、何かサボっているイメージを抱く人がいると思います。

野球界では未だに精神論が根強いため、「効率的」という言葉を嫌う人がいると思います。

しかし、MONOBUNが言っている「効率的」とはエネルギーの伝達におけるロスがない形のことを意味しています。

人間は1つの動作を完了させる時に、各神経、各関節、各筋肉、各骨格を総動員して行っています。

その際に、各部分でエネルギーを伝達していくことで、エネルギーを増幅したり、減少・分散したりしています。

そのエネルギーが伝達をする時にエネルギーをロスしてしまっていると、最終の目的動作(バッティングで言えばインパクトの瞬間)に大きなエネルギーを発揮することができません。

反対に「効率的な」エネルギーの伝達ができていると、筋肉を鍛えたりしなくとも大きなエネルギーを発揮することができます。

つまりMONOBUNは、その効率的な身体の使い方を教えてくれるトレーニングアイテムだということです。

このエネルギー伝達の事実は皆が薄々は気づいていたものの、中々解決策を見出すことができませんでした。

その原因は

効率的な身体の使い方とは人それぞれ異なるから

です。

もうお分かりですよね。

この人それぞれ異なる身体の使い方を教えてくれるものこそがMONOBUNです。

MONOBUNはバッティングだけを良くするものではない

さて、ここまで来るとあることが分かると思います。

MONOBUNとは

バッティングを良くする以上に人それぞれの効率的な身体の使い方を教えてくれるトレーニングアイテムである

ということです。

つまり、バッティング以外にも、ピッチングでも守備でも走塁でもMONOBUNで得た感覚を取り入れるとパフォーマンスを高められるということです。

それを証明するものとして、MONOBUNは野球選手だけでなく、ゴルフ選手、サッカー選手、総合格闘家のパフォーマンスまで高めることができています。

そのキモは

その人に合った効率的な身体の使い方を知ることができる

という点です。

MONOBUNを使って「爆風音」を鳴らせるようになったなら、その感覚を意識して他の動作にも取り入れてみてください。

ポイントは「リラックス」と「予備動作をなくすこと」です。

バッティングだけでなく、ピッチング、守備、走塁など全ての動作に活かすことができます。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がありません(『マスコットバットはスイングスピードを遅くする』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

なぜなら「MONOBUN®」には、もう一点優れたポイントがあります。

それは、「調子の波を感じることができる」ということです。

普段は「MONOBUN」を振って「爆風音」を鳴らしていた選手が、調子を崩すと必ずといって「爆風音」を鳴らすことができなくなります。

同じ意識で振っていれば「爆風音」が鳴らなくなるのは当然で、人間の身体は常に変化しているためです。

そんな微細な変化すら「MONOBUN」は感知し、体感させてくれます。

調子を崩し始めるその前に「MONOBUN」を振って、「爆風音」を鳴らすことができる「あなたに合った効果的な身体の使い方」を実現しておきましょう。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

「MONOBUN」を使って「スイングフォーム」を手に入れた後は、実際の「ボール」を打つときにも同じ「スイング」を実現させる必要があります。

そんな時にはできる限り「木製バット」で練習することをおススメします。

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

 

MONOBUNの関連記事

Contents Menu

ドイツ・ブンデスリーグに所属する「片山和総」選手も「MONOBUN」を大絶賛しています!
MONOBUNを100%活用したければネクストで使え!
MONOBUNがバッティングに与える影響
MONOBUNをネクストで使ってますか?
MONOBUNの持ち方について
MONOBUNを使うとバッティングにどんな変化があるの?

最新記事のチェックにフォローしよう