技術向上

突然にバットが軽く感じる日の原因を知っていますか?

突然にバットが軽く感じる日の原因を知っていますか?

日々、野球を繰り返す中でこんな不思議な経験をしたことがないでしょうか。

それは、

同じようにバッティングしているつもりでも、バットが重く感じる日もあれば、軽く感じる日もある

という体験です。

冷静になって感がれば不思議なことなはずであるのに、誰しもが体験しており、その理由を明確に答えられる人は少ないのは何故でしょうか。

これは、野球界における自分で検証しない体質が問題となっているのですが、本題とはそれるの別の機会に話したいと思います(『野球界は進化をやめている??!~思考停止状態続の関係者続出中~』)。

ではそんな不思議な現象が起きる原因とはなんでしょうか。

間違っても「調子」という言葉で片づけてしまうことだけは辞めましょう。

「調子が悪い」、「調子がいい」が答えではあるものの、その「調子」を左右しているものとは何でしょうか。

そこまで考えなければ、この現象を解決したとは言えません。

実はこの現象の答えを導き出すためには、「体幹」が重要な役割をしています。

野球は必ず、道具を使って行うスポーツです。

道具を使って行うスポーツは、その道具を自分の体の一部のように自由自在に使いこなせるようになることがベストであることは誰もが否定しないでしょう。

つまり、「バットが軽く感じる日」というのは、「バット」を自分の体の一部のように使いこなせている日と置き換えることができます。

>次のページ:バットを自分の体の一部のように使いこなすためには

技術向上の関連記事

Contents Menu

打者の故障は成長するチャンス?! ~打者がバッティング時に注意する故障~
バッティングは回転を意識するよりも、直線を意識した方がいい理由
バッティングは左打ちが圧倒的に有利な理由
バッティングトレーニングするぐらいなら脳トレをしよう
野球選手に足りないモノ ~野球はマイナースポーツだと理解すること~
ゴロは前に出た方が捕りやすいのは本当なのか

最新記事のチェックにフォローしよう