技術向上

チームバッティングをするために必要なバッティングトレーニング方法

チームバッティングをするために必要なバッティングトレーニング方法

打者は何も考えずにバットを振っていれば良いわけではありません。

「ホームラン」や「ヒット」を打つ練習を繰返していればいいとは限りません。

「ヒット」や「ホームラン」が、7割以上の確率で打てるのであれば問題ないかもしれません。

100%の確率で「ホームラン」や「ヒット」が打てるのであればその他の練習は不要だと言えます。

しかし、一流の打者でも打率が3割あると良いと言われる世界です。

つまりは、10回中7回は失敗するということです。

そのため、仮にアウトになったとしても「チーム」に「貢献」できるようなバッティングをし、「チーム」を勝利に導かなければなりません。

では、「チーム」に「貢献」できるバッティングとはどのようなバッティングのことを言うのでしょうか。

それは

ランナーをホームに返すためのバッティング

のことを意味しています。

分かりやすい所で言えば、「送りバント」、「内野ゴロ」、「エンドラン」、「空振り」など様々な形でランナーを進塁させるためのバッティングのことです。

こんな時ならあなたはどんなチームバッティングをするのか

ケーススタディで考えてみましょう。

「1アウト」で「ランナー2塁」の場面です。

つまり、「1ヒット」で「1点」取る可能性がある場面です。

しかし、打者であるあなたは、あまり調子よくはありません。

残念なことに、「2S-1B」に追い込まれてしまいました。

さて、そんな時にあなたならどうしますか?

カウント的には完全に投手有利な状態なので、甘いボールが来る可能性はかなり低いでしょう。

しかし、簡単に「三振」するわけにもいきません。

かといって追い込まれているため、そんな時に「バント」も怖くてできません。

となると考えられるのは、「ヒット」狙いの最低限「進塁打」になるバッティングをしようとするはずです。

つまり、

ライト方面へのゴロを打つことがベストに近い選択肢

でしょう。

当然ここで記したのは一般論で、その選手の得意分野で勝負をすべきです。

しかし、ここで言えるのは、

自分でライト方面へのゴロを自在に打つことができる打者は、「ヒット」になる可能性も残しながらの進塁打を打てる選手なので優秀な打者

だと言えるでしょう。

打球を変幻自在に操る方法

では、様々な場面に合わせて、打球の方向などを変幻自在に操るためのポイントは何でしょうか。

それは、

「自分のテリトリーにボールを呼び込むこと」と「自分のスイング」をすること

の2つを実現することです。

「自分のテリトリー」とは

「ボール」を可能な限り引きつけて打つこと

です。

では、「自分のテリトリー」にボールを呼び込み、「自分のスイング」をするために必要なトレーニング方法とはあるのでしょうか。

それは、

「MONOBUN®」を使ったトレーニング

を行えば得られる効果です。

「自分のスイング」を実現し、「効果的なスイング」を実現する可能性を高めてくれるのが「MONOBUN®」です。

打球を変幻自在に操りたいのであれば、「MONOBUN®」で「爆風音」を鳴らすことに意識をおき、手に入れたバッティングフォームで実際の「ボール」を打つ練習をしましょう。

方向はコントロールしたければ、「ヘソ」を打球の方向性に向けることを意識し、打球の角度を変えたければ、「ボール」に対して「バット」の当てる位置を変えるだけです。

「ゴロ」を打ちたいからといって「ダウンスイング」をしてみたり、「フライ」を打ちたいから「アッパースイング」をするというような考え方は決して持たないでくださいね。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がありません(『マスコットバットはスイングスピードを遅くする』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

なぜなら「MONOBUN®」には、もう一点優れたポイントがあります。

それは、「調子の波を感じることができる」ということです。

普段は「MONOBUN」を振って「爆風音」を鳴らしていた選手が、調子を崩すと必ずといって「爆風音」を鳴らすことができなくなります。

同じ意識で振っていれば「爆風音」が鳴らなくなるのは当然で、人間の身体は常に変化しているためです。

そんな微細な変化すら「MONOBUN」は感知し、体感させてくれます。

調子を崩し始めるその前に「MONOBUN」を振って、「爆風音」を鳴らすことができる「あなたに合った効果的な身体の使い方」を実現しておきましょう。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

「MONOBUN」を使って「スイングフォーム」を手に入れた後は、実際の「ボール」を打つときにも同じ「スイング」を実現させる必要があります。

そんな時にはできる限り「木製バット」で練習することをおススメします。

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

 

技術向上の関連記事

Contents Menu

MONOBUNがバッティングトレーニングに良いシンプルな理由
打者の故障は成長するチャンス?! ~打者がバッティング時に注意する故障~
今やっているトレーニングは本当に野球のためですか?
野球選手はアウトになることを恐れなくなると上手くなる
バッティングにはインステップとアウトステップどっちが良いのか。
打球の飛距離とバッティングのスイングスピードは比例しない

最新記事のチェックにフォローしよう