技術向上

バッティングのトレーニングで苦手なコースを克服する方法

バッティングのトレーニングで苦手なコースを克服するために必要な考え方

打者は皆、「うまく打てない」、「しっかりスイングができない」、「見逃してしまうことが多い」といったコースがどうしてもあると思います。

いわゆる「苦手なコース」というのがあるのが普通の事です。

できることなら「苦手なコース」を創ることなく、あらゆる「コース」や「球種」に対応できるようになりたいものです。

では「苦手なコース」を創らないためには何が必要でしょうか。

それにはまず、

自分がなぜその「コース」を苦手とするのか原因を考えること

から始まります。

もしその「原因」が分かれば、「対策」を練ることができます。

ただし、その際に気をつけなければいけないことがあります。

それは、

その「苦手なコース」を打つために、身体のバランスを崩して、どこも打てなくなってしまうこと

です。

こんなことになるぐらいなら「苦手なコース」があった方がまし・・・というような状態に陥らないようにしましょう。

さて、なぜ「苦手なコース」というのが生まれてしまうのでしょうか。

それは

苦手なコースをうまく打てないように自分自身で打てないような「スイング」や「準備」をしているから

です。

少し遠回りな言いかたをしてしまっていますが、「苦手」になるには、「苦手」になるまでの「プロセス」があります。

これはつまり、

そのプロセスの反対をすれば苦手ではなくなる

ということとも言えます。

苦手なコースを克服するトレーニング方法

では、その「苦手なコース」を「苦手」ではなくなるような「バッティング方法」を身につければ良いということになりますが、そんな時に絶対にやってはいけない練習があります。

それは、

その「苦手なコース」をひたすら、何の考えもなしに「バッティング練習」を繰返し行って感覚をつかもうとすること

です。

さらに

それでも打てるようにならなければ練習時間を延ばしてでも練習を繰り返すこと

です。

この二つの方法で打てるようになる気がするでしょうか。

「takebat.com」ではこういった考え方には否定的です。

「気合で打てるようになれ」と言っているのに等しい行為です。

そんな指導をする人に考えて欲しいことは、「打てなくてもいい・・・」と思って打席に入っている選手なんて存在しないということです。

そこに「気合」をさらに入れたところで打てるわけではありません。

「苦手」になってしまった何らかの原因があるのに、結果に対しての練習を繰り返します。

これは「下手になるための練習」を繰り返していると同じです。

苦手なコースを全般的になくすためには、一つの方法しかありません。

それは、

「ボール」を可能な限り自分に引きつけて、「インパクト」の瞬間に100%の力を発揮するスイング

を手に入れることです。

そんな「スイング」をいつでもできるようになれば、「コース」や「タイミング」は関係がなくなってきます。

ひたすら「苦手なコース」をバッティング練習し続けたとしても改善されることはほとんどないでしょう。

そもそもの目的は何でしょうか?

「苦手なコース」を克服することだけではないはずです。

冒頭でも述べた通り、克服したところで別の「コース」が苦手になっては元も子もありません。

もっと根本的なバッティングについて追及しなければいけません。

自分の身体を効率的に使ってインパクトの瞬間に100%の力を伝えるためのトレーニング方法

では、そんな「ボール」を可能な限り自分に引きつけて、「インパクト」の瞬間に100%の力を発揮するスイングを手に入れるためにはどうしたらいいのでしょうか。

それは

「MONOBUN」を使ったトレーニングを取り入れる

ことです。

この「MONOBUN」を使えば、「バッティング」に関する全ての悩みを解決することができます。

「MONOBUN」は、極端な言い方をすればどんな「スイング」でも構いません。

・・・というのは極端すぎますが、自由に「スイング」していいものです。

特に決まった使い方はなく、自分が思う「スイング」のまま使用して構いません。

その中で「爆風音」がなるように、微調整をしていけば、いつしか「爆風音」を鳴らすことができます。

そして「爆風音」が鳴った時には、自分の身体を効率的に使うことができています。

つまり、その選手が本来もつ力をロスすることなく伝達し、インパクトの瞬間に100%の力を伝えることができます。

「MONOBUN」は、一般的に良いとされる「スイング」ができていたとしても鳴りません。

あくまで一般的に良しとされる「スイング」であって、あなたにとってベストなスイングではないかもしれないからです。

つまり「MONOBUN」の「爆風音」を鳴らすことができていれば、自然とあなたの身体に合ったインパクトの瞬間に100%の力を発揮できるスイングが手に入れられます。

そして結果的に「苦手なコース」なども減っていくことでしょう。

仮に詰まらされても、投手のボールに勢い負けしないので、内野手の頭を越えるといった「バッティング」ができるようになるでしょう。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がありません(『マスコットバットはスイングスピードを遅くする』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

なぜなら「MONOBUN®」には、もう一点優れたポイントがあります。

それは、「調子の波を感じることができる」ということです。

普段は「MONOBUN」を振って「爆風音」を鳴らしていた選手が、調子を崩すと必ずといって「爆風音」を鳴らすことができなくなります。

同じ意識で振っていれば「爆風音」が鳴らなくなるのは当然で、人間の身体は常に変化しているためです。

そんな微細な変化すら「MONOBUN」は感知し、体感させてくれます。

調子を崩し始めるその前に「MONOBUN」を振って、「爆風音」を鳴らすことができる「あなたに合った効果的な身体の使い方」を実現しておきましょう。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

「MONOBUN」を使って「スイングフォーム」を手に入れた後は、実際の「ボール」を打つときにも同じ「スイング」を実現させる必要があります。

そんな時にはできる限り「木製バット」で練習することをおススメします。

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球選手に適切なバットの重さは? ~野球選手の大半は自分のバットの重さを知らない事実~
バッティングで打球を飛ばせすためには力ではなく技術
野球の練習は修行ではありません。
野球選手に冷たくて甘いものは危険です。
アッパーであろうとダウンであろうとバッティングには関係ない
バッターのイップスのハナシ。

最新記事のチェックにフォローしよう