技術向上

バッティングスイングを簡単に改善する方法

バッティングスイングを変えることが難しい理由

「バッティング」の「スイング」や「フォーム」、「ボールの捉え方」などを指導する方法はたくさん存在しています。

注意する点は、

・ボールを捉える角度
・スイングの角度
・ステップの位置
・後ろ側の足の回転方法

などが中心になってきます。

しかし、そんな方法では、なかなか改善されることがありません。

なぜ改善されないのかは置いておいても、経験的に大した変化がないことを野球選手であれば知っていると思います。

では、なぜ上記のような改善方法では、「バッティング」に変化を与えることができないのでしょうか。

それは、

実際にボールを打つ時に意識的に動かしていない部分を練習するから

です。

「ボール」を打つ時は「無意識」に行われている動きを、「意識」して改善しようとしても、実際に「ボール」を打つときは「無意識」なので、改善されるはずがありません。

少し回りくどくなったので言い直せば、

無意識に行っていることを意識的に改善することはできない

ということです。

>次のページ:バッティングに変化を与えるためにできること

技術向上の関連記事

Contents Menu

清原選手のような筋肉をつけることは、単なる麻薬に過ぎない
バッティング上達の極意 ~直線の動きで螺旋の動きを実現する~
ボールをよく見ているから打てません ~周辺視野は皆が使っている~
王貞治氏が真剣を使って練習していた理由の秘密 ~バッティング技術の本質が見えてくる~
野球選手が左右対称に鍛える必要がない理由
方法は1つしかありません。 ~守備範囲を広げるたった1つの方法~

最新記事のチェックにフォローしよう