技術向上

野球選手に動体視力は必要ないって知ってた?

野球選手に動体視力は必要ありません。

いきなりですが、質問があります。

それは

動体視力って鍛えてますか?

昔で言えば、

打撃の神様こと川上哲治氏はボールがとまって見えていた・・・

イチロー選手が自動車の中からすれ違う自動車のナンバーを読み取って動体視力を鍛えていた・・・

なんて話をよく聞くことがありました(『投手のボールが止まって見える方法』)。

そのためなのか、指導者から良くこんなことを言われている光景を目にします。

それは

・ボールをよく見ればいい・目が良くないと打てない・動体視力が良くないから打てない

なんて言われている光景です。

しかし、結論から言ってしまえば、ボールをよく見たら打てなくなります(『ボールをよく見たら打てない』)。

目が良い悪いの「目」の基準が良く分かりません。

「動体視力」と「バッティング」の良さは関係ありません。

つまり、これらの指導には何の意味もありません。

>次のページ:ボールをしっかり見ると打てなくなる?!

技術向上の関連記事

Contents Menu

ゴロを打てより遠くに飛ばせがこれからの常識
バッティングは回転を意識するよりも、直線を意識した方がいい理由
バッターにとっての理想の体型とは? ~人それぞれ、守備位置それぞれ~
野球の練習には下手になる練習があることを忘れてはいけない
ホームでのブロックのルールが変更されたのは知っていますか? ~ブロックするからアウトをとれない事実~
打てない原因はテイクバックをとるから ~野球の常識はスポーツの非常識~

最新記事のチェックにフォローしよう