技術向上

イチローがとんでもないボール球でも打てるのはなぜ?

イチローがとんでもないボール球でも打てるのはなぜ?

先日、ピートローズ選手の生涯安打記録を突破した「イチロー」選手は、「ワンバウンド」しそうな「ボール」を、目一杯手を伸ばしながら「バット」にあてて「ヒット」にしてしまうシーンを良くみます。

一般的には、そんな「ボール」に手を出してはいけないとは言われるものの、「結果」が「ヒット」であれば何の問題もありません。

しかし、「イチロー」選手は何故このようなことができてしまうのでしょうか。

それは、

投手が投げた「ボール」を自分の近くまで呼び込み、自分のバットが届く領域まで待つことができているから

です。

プロレベルでも大半の選手が同じようなシーンになると、結果は「空振り」になってしまいます。

イチロー選手の「バットが長い」、「手が長い」ということではありません。

また「スイングスピードが速い」ということでもありません。

自分が対応でいる領域に「ボール」を呼び込めることができているから実現できる結果です。

そして、「ボール」を引きつけても「バット」を押し負けることなく「ボール」にぶつける準備が整っているということです。

打者がスイングする時は何も意識することなんてできない?!

打者は、「スイング」する時に「無意識」の状態で「スイング」しています。

インタビューなどで「意識していたこと」を語っている選手をよく見ると思いますが、あくまで結果論を打席の後に思考しているに過ぎません。

「スイング」の瞬間は考えている暇なんでありません。

そのため、「意識」することで、「ボール」と「バット」をぶつけようとしても、「芯」で捉えようなことはできません。

ということは、

無意識化であっても、どんな「ボール」にも「バット」を100%の力でぶつけるための準備が大切

だということが言えます。

この差はかなり大きな差です。

「意識をもって打つことができる」と思って練習するのか、「無意識下で打つための準備をする」と思って練習するのかでは大きな差が生まれます。

無意識下で打つための準備とは

では、「無意識下で打つための準備」とは何でしょうか。

それは、

構えている時は可能な限り「リラックス」し、いつ「ボール」がきても力を発射できる準備が整っている状態

です。

簡単に言えば、「エネルギーが溜まっている状態」のことです。

この「エネルギーが溜まっている状態」が整えば、後は自然とトリガーが外れ「バット」は「ボール」に向かって飛んでいきます。

この状態のことを

リラックストリガーロック

といいます。

もっと詳しく「リラックストリガー」について知りたい方は、「リラックストリガーの秘密」という書籍をご覧ください(テイクバック不要論を支える根幹のテクニック ~リラックストリガーロックの秘密~ /Kindle版 発売開始)。

リラックストリガーロックを手に入れるためのトレーニング方法

では、「リラックストリガーロック」を手にいれるためにはどのような「トレーニング」をすればいいのでしょうか。

それは、

「MONOBUN」を使ったトレーニングを取り入れること

で「リラックストリガーロック」を手に入れることができます。

「MONOBUN」は、極端な言い方をすればどんな「スイング」でも構いません。

・・・というのは極端すぎますが、自由に「スイング」していいものです。

特に決まった使い方はなく、自分が思う「スイング」のまま使用して構いません。

その中で「爆風音」がなるように、微調整をしていけば、いつしか「爆風音」を鳴らすことができます。

そして「爆風音」が鳴った時には、自分の身体を効率的に使うことができています。

つまり、その選手が本来もつ力をロスすることなく伝達し、インパクトの瞬間に100%の力を伝えることができます。

「MONOBUN」は、一般的に良いとされる「スイング」ができていたとしても鳴りません。

あくまで一般的に良しとされる「スイング」であってそれはあなたにとってベストなスイングではないかもしれないからです。

「ヘッドがどうなっているか」を考える暇があるなら、少しでも「MONOBUN」を「スイング」して、効率的な身体の使い方はいち早く手に入れましょう。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がないことが判明してきています(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

 

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングでボールに打ち負けないために必要なこと
練習をサボると野球が上手くなるのは歴史が証明してきた
あなたは「風向き」ちゃんと考えてる? ~野球選手がゴルフ選手から学べること~
バッティングでフルスイングするのは難しいって知っていますか?
大会直前の「調整」練習に意味はありません ~大会にベストコンディションで挑む方法~
本当に野球が上手くなりたいと思ってトレーニングをしていますか?

最新記事のチェックにフォローしよう