技術向上

バッティングをするのにヘッドが下がるのは当たり前

バッティングをするのにヘッドが下がるのは当たり前

「ヘッドを下げるな」、「上から叩け」、「ゴロを打て」ということが全くのデタラメだったことは過去の記事からもお分かり頂けると思います。

最近では、そういったことを指導する人も減ってきてはいるものの、ある一定数、存在し続けます。

打者が上手く打つためには、「力強いスイング」、「力が適切に伝わるスイング」をする必要があります。

そのためには、「下半身」や「体幹」はもちろんのこと、「肩」と「肘」と「手首」の関係性が重要です。

つまり、ある一部分だけでなく、「全身の動き方」が大切になっているといことです。

これらの角度が適切でないと「ボール」に打ち負けることが増えます。

そのためには、右打者で言えば「構え方」の特性上から、「右腕」は「左腕」に比べ体の近くを通ることになります。

この時点で、必ず「右肩」が下がります。

「右肩」が下がった状態で「スイング」すると「ヘッド」はどうなるでしょうか。

「右肩」を下げた状態で「ヘッド」をあげて「スイング」してみてください。

または「右肩」を下がらないように「スイング」してみください。

それだけ試せば答えは明白でしょう。

つまり

バッティングする時に、「ヘッド」は必ず下がるもの

ということです。

>次のページ:バッティングはヘッドが下がらないと打率が下がる?!

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球選手にとって正しい道具の選び方
バッティングマシンと投手が投げる140km/hのボールが違う理由
野球界の常識的なアドバイスに踊らされてはいけない
野球選手が外野の守備範囲を広げる方法
野球選手に横隔膜が重要な理由
「テイクバックはいらない」がこれからの常識 ~テイクバック不要論【実践編】~ /Kindle版 発売開始

最新記事のチェックにフォローしよう