技術向上

バッティングに大切なのは「後ろ側の腰」を意識すること

バッティングに大切なのは「後ろ側の腰」を意識すること

打者が効率的な「スイング」をするためには、いくつかポイントになってくることがありますが、中でも重要なポイントとはなんでしょうか。

ここでの「効率的なスイング」とは、「楽な練習をする」といった類とは別物で、「スイング」するときに、身体の力をロスすることなく「インパクト」の瞬間に100%の力をぶつけることができるのかという事です。

これは反対に言えば、大半の選手の「スイング」は、その人の本来発揮できる力をロスしてしまっているということを意味しています。

そのため「筋トレ」をするより前に、「身体の使い方」を学んだ方がパフォーマンスを高めることにつながります(『野球選手に大切なのは「動作」です。 ~野球選手に「筋トレ」が意味をなさない理由~』)。

また、間違っても「アッパースイング」だとか「ダウンスイング」だとか「スイング方法」に意識を向けないようにしてください(『野球選手に必要な「スイング」方法まとめ ~あなたはどんな「スイング」をしてるの?~』)。

それでは、打者が「効率的なスイング」を実現するために最も重要な意識するポイントの一つはなんでしょうか。

それは、

後ろ側の腰

であると「takebat.com」では考えています。

つまり、右バッターであれば「右側の腰」、左バッターであれば「左側の腰」ということです。

どのような意識をもてばいいのかというと、

「後ろ側の腰」にバットを落とすようなイメージでスイングする

ことです。

「後ろ側の腰」を意識して実現できる「バッティング」とは

この意識をもって「スイング」できるようになれば、ボールを自分のテリトリーまで引き付けて「バッティング」することができるようになります。

「引き付けて打つ」ことができるようになれば、どんなメリットがあるのでしょうか。

第一のメリットは、全力で「自分のスイング」ができるようになることです。

そして「自分のスイング」を実現する可能性を高めるということは、泳がされにくくなるということを意味しています。

泳がされなければ、強い打球が打てる可能性が高まっているということです。

しかし、泳がされなくなったとしても、この時点ではもう一点の懸念材料が残ります。

それは、

つまらされる可能性がある

ということです。

この「つまらされる可能性」をクリアにするためのポイントは「フルスイングで自分のスイングをしているか」です。

自分のスイングをフルスイングで実現していれば、打球は野手の間に飛ぶことが多くなり、ボテボテでも野手の間を抜け、フライになればポテンヒットになるなど、打ち取られていてもヒットになる可能性が高まります。

まとめれば、「効率的なスイング」をするためには

・ボールを引きつけてうつこと・フルスイングで自分のスイングをすること

が大切になり、

起こる結果であれば、

・投手のボールに泳がされない・投手のボールの力に負けない

ことが重要であるということです。

そして、そのためには、「後ろ側の腰」を意識して「スイング」することが重要になってきます。

「効率的なスイング」をするためのトレーニング方法

では、「ボール」をひきつけて、フルスイングで自分のスイングをし、投手のボールに泳がされることなく、投手のボールの力にも負けることのない「効率的なスイング」を手に入れるために最も適したトレーニングとはなんでしょうか。

それは

「MONOBUN」を使ったトレーニングを取り入れること

で全てを解決することができます。

「MONOBUN」は、極端な言い方をすればどんな「スイング」でも構いません。

・・・というのは極端すぎますが、自由に「スイング」していいものです。

特に決まった使い方はなく、自分が思う「スイング」のまま使用して構いません。

その中で「爆風音」がなるように、微調整をしていけば、いつしか「爆風音」を鳴らすことができます。

そして「爆風音」が鳴った時には、自分の身体を効率的に使うことができています。

つまり、その選手が本来もつ力をロスすることなく伝達し、インパクトの瞬間に100%の力を伝えることができます。

「MONOBUN」は、一般的に良いとされる「スイング」ができていたとしても鳴りません。

あくまで一般的に良しとされる「スイング」であってそれはあなたにとってベストなスイングではないかもしれないからです。

「MONOBUN」を使って、「後ろ側の腰」を意識して「スイング」することで、あなただけに合った「効率的なスイング」を実現することができます。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がないことが判明してきています(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

 

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングは当てにいくと当たらなくなるのが野球
どんどんホームランを狙おう ~ホームランを狙うとスイングがシンプルになるという矛盾~
選球眼を良くしたいならボールを良く見てはいけません。
全てに意味があるなんて嘘! ~無能な指導者の見つけ方~
強打者の条件 ~強打者なるためのバッティング
あなたはまさか「ボールをよく見て」打とうとしてませんよね?

最新記事のチェックにフォローしよう