技術向上

変化球の打ち方 ~野球選手の多くが変化球を苦手にする理由~

変化球の打ち方~野球選手の多くが変化球を苦手にする理由~

変化球が苦手だという選手をよく聞きます。

その原因とは何でしょうか。

それは、

ストレートに的を絞って、変化球に対応できる打者が少ないため

です。

その結果、「ストレート」または「変化球」に的を絞って打席に立たなければならなくなり、予想が外れれば打てないという状況を作りあげています。

とことで、打者が一番打ちにくいボールの種類とはなんでしょうか。

それはやはり

速いストレート

です。

このボールが一番打ちにくいということは大体の打者が感覚的に分かっています。

そのため、「ストレート」に的を絞って、他のたまに対応しようとします。

その結果「ストレート」にはうまく反応できる一方で、「変化球」に的を絞っても「ストレート」に身体が反応してしまっています。

これは人間心理なので抗いようのないことかもしれません。

皮肉なことに、結果として「ストレート」を打っていることが多いために、「変化球」が苦手な気がしているかもしれませんが、意識が常に「ストレート」にあるから打てているだけということがありえます。

むしろ、あなたが苦手なのは「変化球」ではなく、「ストレートへの対応」なのかもしれません。

「ストレートへのコンプレックス」と言い換えられるかもしれません。

>次のページ:変化球の打ち方~変化球への対応と同じ現象が起きている~

技術向上の関連記事

Contents Menu

打者が目指すべきこと
相手の監督を惑わせて試合を制する ~非常識な勝利を掴み取る方法~
テイクバックをとればとるほど打球は飛ばない
野球選手が野球を通して学べる事
野球の練習には下手になる練習があることを忘れてはいけない
バッティングでボールを芯で捉えられない最大の原因

最新記事のチェックにフォローしよう