その他

いつまで野球が日本でナンバーワンのスポーツだと思っているの?

いつまで野球が日本でナンバーワンのスポーツだと思っているの?

日本のスポーツにおいて「野球」というスポーツの位置付けは「国技」と言っても過言ではありません。

プレイヤーや関係者は「ナンバーワン」だというくらいの大きなツラをしています。

しかし、冷静になって考えてください。

今や、昔のような状態ではありません。

野球を続けた結果、将来的なデメリットに気づく方々が増えてきています。

様々なインフラの整備によって、海外も含め、昔では考えられなかった情報が、今では簡単に手に入れることができてしまいます。

それに伴ってか、子ども達のスポーツの選択しも広まり、世界的なスポーツを選択するという人が増えている傾向にあります。

その代表格は「サッカー」でしょう。

「野球」はというと、世界的なスポーツではありません。

そのため「野球」の世界的評価は低くなるのは当然です。

いわゆる世界的に見ればマイナースポーツなので、衰退していく傾向にあるのは当然と言えるかもしれません。

昔のように国内だけの情報がメインだった時代とは全く散っています。

当然、もっと世界的なスポーツ、もっと楽しいスポーツへと流れていきます。

しかしながら「野球界」はそのことに気がつかず、まだ野球はナンバーワンのスポーツだと思っています。

決して、「野球」というスポーツを否定しているわけではありません。

中身を見ていけば、楽しめるポイントもあれば、人間的に成長させてくれる一面もあります。

しかし、現在の状況を正しく認識する必要はあります。

プライドを持つことは素晴らしいことですが、他を軽視し成長することを辞めているのであれば、それは問題です。

それでは退化が始まってしまいます。

もっとファンが増えるように努力し、エンターテインメント性も充実させる必要があるでしょう。

さらには他のスポーツの意見もどんどん取り入れて、良い方向に向かっていこうという気持ちにならなければこのまま衰退の道をたどります。

昔のように、子ども達が自分から目をキラキラさながら「プロに行きたい」と思うような世界を作らなければ日本の野球界は衰退します。

そこはお金だけでは動くことはないでしょう。

子ども達が夢を持ち、プロの目標を持って野球に取り組めるような環境をわれわれ大人が作る必要があるでしょう。

いいですか?

野球は世界的にはマイナースポーツであり、日本でももうナンバーワンではありませんよ。

もっとひたむきにこつこつ他のスポーツの意見も取り入れて向上していくべきです。

野球界ががんばっていないとは言いません。

しかし、それ以上に他のスポーツはがんばっていますよ。

伝統やブランドが何のためにあるのか、今一度考えてみるべき時ではないでしょうか。

私も野球経験者なので、皆が野球をやって欲しいと思っているぐらい野球が大好きです。

しかし、それと「野球がナンバーワンのスポーツである」と勘違いするのは別物だと思います。

皆さんはどう思われますか?

その他の関連記事

Contents Menu

takebat.com1週間まとめ記事(2015年11月9 日~11月15日ver.)
takebat.com~1週間まとめ記事(2016年5月30日~6月5日ver.)
野球を辞めた後に困りたくなかったら野球で生計をたてようとしてはいけない
takebat.com~1週間まとめ記事(2016年5月16日~5月22日ver.)
takebat.com1週間まとめ記事(2015年12月21日~12月27日ver.)
『リラックストリガーロックの秘密』が無料で読めるチャンス! ※4日間限定

最新記事のチェックにフォローしよう