技術向上

打者が打球を遠くにとばすために必要なこと

打者が打球を遠くにとばすために必要なこと

「takebat.com」に寄せられる質問の中で圧倒的に多い質問があります。

それは、

打球を遠くに飛ばすにはどうしたらいのか?

というものです。

かなり多いこの質問ですが、答えはとても簡単なことなんです。

それは、

「筋トレを辞めて、力を抜くこと」

です。

「筋トレ」を辞めることは、遠くに飛ばすためには、筋肉が必要な気がすることから意外だと反応されます。

ただ、辞めることは簡単ですよね。

「力を抜くこと」は良さそうな感じはするけど、そんなに難しくない気がします。

しかし、実は「力を抜くこと」というのは人間には非常に難しい動作です。

これだけでは分かりにくい人もいると思いますので、解説していきたいと思います。

打者にとって「筋トレ」が必要ない理由

スポーツ選手にとって「筋トレ」とは、筋肉を大きくすることや最大筋出力を上げるためにするものではありません。

それは、筋肉を大きくしたり、筋肉が出力するマックスをあげればパフォーマンスが向上するとも限らないからです。。

「筋トレ」とは、

筋肉に力の入っている状態を記憶させるための行為

です。

その結果はと言えば、何かあればすぐに力が入ってしまう体になります。

その問題と言えば、

力が少しでも入ると余力がない状態まで力が入る

ということが発生します。

分かりやすく言えば、怪我をしやすい身体になるということですね。

打者で言えば「打球が飛ばなくなった」、「うまく振れなくなった」などという弊害が生まれます。

「筋トレ」を行わない野球選手はほとんどいないと思いますので、今すぐやめた方がいいですね。

打者が打球を遠くに飛ばすために必要なリラックスを確認する方法

そしてもう一つの「力を抜く」ということは、基準がないので非常に難しいトコロがあります。

そんな「力を抜く=リラックス」を実現するために適した製品があります。

それが

「MONOBUN®」

です。

「MONOBUN®」はリラックスした状態で、もっともその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時にある爆風音が鳴るように設計されています。

「MONOBUN®」は筋肉ムキムキの選手や感覚が乏しい選手は、「爆風音」を鳴らすことができません。

反対に、必要な所で力が入り、不要な所では力が抜けるような選手や、野球人らしい体形をしている選手は、比較的早めに音がなります。

野球人らしいとは、プロ野球選手のことを言っているわけではなく、野球選手にとって必要な動作に適応した身体のことを意味しています。

体のバランスが良い状態でスイングすることができれば爆風音がなるのです。

打球は力を込めても飛ぶことはありません。

それは選手である皆さんが一番よくわかっているはずです。

「ホームラン」を打った時、バットが抜けるように「スパッ」と振り切れると思いますが、力を込めている感覚はありません。

これは打ったことがある人であれば、必ず覚えている感覚ではないでしょうか。

そんな感覚を思い出させて、さらに定期的にチェックできるトレーニングアイテムが「MONOBUN®」です。

効率的な動きは、人それぞれ身体の構造が違うため、一つの形がないと言われ続けています。

そのため、ある人がやった成功法が、他の人に当てはまらず、目指すべきところがわかりませんでした。

しかし、それが「MONOBUN®」で解決されてしまいます。

その分細かな具体的方法がないため、自分で創意工夫する必要があります。

一度、手に入れたスイングも、成長(衰退)と共に効果的でなくなる時があります。

そんな時にも「MONOBUN®」を使って再検証してみれば、また新たなコツをつかむハズです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がないことが判明してきています(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

「MONOBUN®」が実現してくれる詳細なバッティング理論については、書籍にまとめてあるのでぜひこの機会にご覧ください(下記画像より詳細をご確認ください)。

「MONOBUN®」は現在大枠の開発が完成しているので一部の方に情報をお伝えしたり、モニター実施をしたところ、大反響を頂いており、初回製造分の予約が埋まってきております。

製造に手作業の特殊な工程があるため(特許出願中)生産量に限りがでてしまうため、予約注文をしておきたい方は弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

▽『テイクバック不要論【理論編】』の詳細はコチラ▽

non-takeback-r_660-343

▽『テイクバック不要論【実践編】』の詳細はコチラ▽

non-takeback-j_660-343

▽『リラックストリガーロックの秘密』の詳細はコチラ▽

relaxtriggerlock_660-343

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球界は進化をやめている??!~思考停止状態続の関係者続出中~
その筋トレって何のためにやってるの?【打者編】
野球選手に必要なトレーニングの結果とは
指導者の考えていることが分からないあなたに ~選手ができること~
野球バカ増産プロジェクトin福岡 ~元プロも勧める最先端の野球プロジェクトが始動~
活躍している野球選手の真似をするのは無意味

最新記事のチェックにフォローしよう