技術向上

メジャーリーグのチームが試合前のバッティング練習を廃止した結果

メジャーリーグのチームが試合前のバッティング練習を廃止した結果

あるメジャーリーグのチームが

試合前のバティング練習を廃止した

というのを聞いたことがあるでしょうか。

そしてその結果が、

バッティングが向上し、「こんなに振れるのは何年ぶりだろうか」と選手たちは喜んだ

という話を知っていますか。

この事実はどういう意味をもっているのかというと

野球選手の大半はオーバーユースである

ということです。

練習の行いすぎで、身体が常に疲労している状態になり、むしろ身体が疲労している状態を通常と捉えてしまっています。

つまり、選手本来の力を発揮していない選手ばかりであるということです。

野球選手が練習をやりすぎているのは「不安」を取り除くためでしかない

では、なぜ野球選手の大半は練習をしすぎてしまうのでしょうか。

多くの原因は、

日常の練習を、不安を取り除くために行っている

のではないでしょうか。

体が悲鳴をあげていても、不安を取り除かなければ、練習してしまうという人間心理が働いているのでしょう。

野球が大好きで執着が強ければ強い人ほど、不安は大きくなり練習の虫のような選手になっていきます。

その結果は、とにかく体を大きくするトレーニングを繰り返し、体を壊し、選手生命を縮めてしまっています。

そんな事態を防ぐためには、

体を常にリラックスした状態に維持する

必要があります。

余裕がなく切羽詰まっている状態で良い動きはできません。

また、「不安を取り除くために練習をする」という心理は、監督やスタッフにも同様に働いています。

監督やスタッフもチームが勝利できるかどうかの不安をかき消すために過度の練習を選手に課してしまいます。

これでは悪循環しか生み出しません。

「練習しない」ということを選択するのは、現代の日本野球では、非常に勇気のいることかもしれません。

しかし、これからの野球界の成長を考えれば、「過度な練習は良い結果を生むことはない」と理解する必要があります。

最先端の野球界では、始まっている考え方なので、ゆくゆくは浸透していくでしょう。

「不安をかき消すための練習」は今すぐ辞めて、何のために練習をするのか考え直しましょう。

 

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッターにとって良いボールの待ち方とは?
野球選手の練習の異常さはサッカーに置き換えれば理解できます。 ~センターラインからシュートを打ち続ける野球選手~
結果が出ないのは練習量が足りないからではない
真似は意味がありません~最適な打撃フォームの見つけ方~
芯で捉えられない最大の原因はフルスイングをしないから
指導者が効果を知らない練習方法を教えてしまっている現実

最新記事のチェックにフォローしよう