野球の練習はさぼった方が上手くなることを実は皆が知っている

野球選手が練習に求めなければならないこと

野球選手は毎日過酷な練習を繰り返しています。

そして野球界には様々な練習やトレーニングが存在しています。

しかしそれらの練習やトレーニングは、現代スポーツの中では既に間違った考え方のもと練習してしまっていることが分かってきています。

その間違った考え方とは

練習をやったらやった分だけ上手くなるという考え方

です。

練習には下手になる練習もあれば、組合せによっては下手になる練習、やりすぎれば下手になる練習があることを忘れてはいけません。

当然ながら、野球が上達するためには練習が必要不可欠ですが、野球選手に最も大切な考え方を持っていなければ無意味な練習を繰り返してしまいます。

野球選手に必要な考え方とは

しっかりと(その人にとって適切で効率的に)体を動かすこと

です。

そのために野球選手は身体をメンテナンスしたり、鍛えたりしていることを忘れてはいけません。

 

この考え方を無視して練習すると、苦しい練習をしているにも関わらず上手くもならずに下手になるという本末転倒な出来事が起こってしまいます。

大半の野球選手は、単純に練習のやりすぎとケア不足で、100%の状態で試合を迎えることも少なく、練習も100%の力でできていません。

しかも自分が疲れていることに気づかないほど疲労が慢性化しています。

野球選手は身体が資本なので、練習をして疲れた体は、ケアをし、睡眠、栄養を適切に取り、翌日にはある程度100%に近い状態に回復していなくてはなりません。

そして心身ともに完全にリフレッシュさせる日をとる必要があります。

それにも関わらず、現在の日本の野球界は、疲労で動けなくなっている人であればあるほど、さらに過酷な練習を強いる傾向にあります。

>次のページ:野球の練習はさぼった方が上手くなることを実は皆が知っている

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

筋肉はつけると故障リスクを高め、筋肉がつくと故障しにくい

2017年3月6日

スクワット VS うさぎとび ~野球に必要な足腰のためにはどっち?~

2015年12月20日

野手は腰を落とせば落とすほどエラーする

2017年10月18日

バッティング技術と試合に出られるかどうかは関係ない

2017年6月4日

相手の監督を惑わせて試合を制する ~非常識な勝利を掴み取る方法~

2015年12月14日

打球が遠くに飛ばないのは遠くに飛ばそうとしているからだって気づいてた?

2016年1月29日