技術向上

野球選手ががむしゃらに走ることは良いのか悪いのか

野球選手ががむしゃらに走ることは良いのか悪いのか

野球界の現場ではこのような声が日常茶飯事で飛び交っています。

・「とにかく走っておけ」
・「暇があれば走れ」
・「休んでいる暇があれば走っておけ」
・「投手はランニングだけしていればいいんだ!」

そして選手たちは、その指示のもと黙々と走り続けます。

しかし、本当に走り込めば走りこむほど、野球選手は上達するのでしょうか。

確かに走り込みをたくさんやった結果、野球選手として大成している人はたくさんいます。

しかし、本当にそういった選手は走り込みをしたから良い結果を生み出せたのでしょうか。

もし彼らが走り込みをしなかったとしたら、同じ結果を生み出すことができなかったのでしょうか。

この答えをもっている人は、野球界にほとんどいません。

そもそも、日本の野球界において走り込みをしない野球選手がいないので、確かめようもないのが現実です。

そのため、

走り込みをすることが野球選手にとって良いのか悪いのかを考える以前に、走り込みの効果について検証していないこと

です。

そのため、がむしゃらに走り込みを続けることが野球選手にとって良いことか、悪いことかという問題への答えとしては、ほとんど無意味といって間違いないでしょう。

>次のページ:走り込みをやって上手くなる人は1割程度?

技術向上の関連記事

Contents Menu

試合に出られるかどうかは結果にしかないと本気で理解していますか?
レベルスイングには致命的な欠陥があるって知ってた?
野球選手に横隔膜が大切な理由を知っていますか?
アッパーであろうとダウンであろうとバッティングには関係ない
野球選手は主張が足りないから成長しない
大半の野球選手は本気で上手くなりたいと思っていない

最新記事のチェックにフォローしよう