野球選手がスランプに陥ったらやるべきこと

野球選手がスランプに陥ったらやるべきこと

野球選手だけに限らず、スポーツ選手であれば、いくら練習をしていても上手くならず、まったく進歩しないどころか、練習をしているのに下手にさえなる時が必ずあります。

現状維持だとまだしも、練習をしているのに下手になる状況は誰もが避けたいと思っているはずです。

しかし、誰でも一度は経験し、この負のサイクルに陥って復活できないまま野球人生を終えていく人さえ存在します。

まさにスランプという状態です。

そして悲しいことに、このスランプに陥ってしまう人の傾向として真面目な選手が多い現実があります。

その理由は、真面目な選手ほど上手くならないからと言って、さらに負荷を加えた練習を追加していくためです。

つまり、

スランプに陥っている理由の大半は練習のやりすぎ

です。

基本的に野球選手は練習のやりすぎにより、体が疲労してしまっている状態に慣れ過ぎています。

そんな中で、疲労や身体の変化によって不調をきたしているにも関わらず、追加で練習をしてしまった日の結果は目に見えています。

では、スランプに陥ってしまった時の最大の対処方法は何でしょうか。

それは

思い切って休むこと

です。

身体が疲れてしまっているので、まずは単純に身体を休めましょう。

そのうえで疲労回復が促進されることを行えば尚よいでしょう。

と、いきなり休めと言われても、野球選手は休むことが苦手なのですぐにできないかもしれません。

周りも中々許してくれない環境もあると思います。

そんな人にはされにおススメの方法があります。

それは、

野球以外の将来に役立ちそうなことを一度でいいから勉強してみること

です。

ポイントは「野球以外」のことを勉強してみることです。

往々にしてスランプに陥っている時は、自分が関わっている環境の中に答えがないことが大半です。

そのため、野球をがんばってきた人であればあるほど、野球以外の環境で何かを学んでいる時に「閃き」や「気づき」が現れます。

野球を真面目にやっている人ほど、野球から離れることに勇気が必要ですが、真面目な人ほど離れた時に閃きが必ずあります。

スランプといっても超えなければいけないスランプばかりではありません。

視野が狭くなっている時には大切だと思っていても、広い視野で見ればどうでもいいようなことがたくさんあります。

もちろん反対のケースもあるでしょう。

問題があれば一先ずじたばたしてみる、じたばたしてみてダメだったら諦めれて別の道を考える・・・ぐらいの割り切りも野球選手には必要になってきます。

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

上手くなりたければバットは振ってはいけない

2016年9月17日

理想のバッティングトレーニングとは

2017年2月21日

野球選手として上達したければ人体の矛盾を受け入れること

2017年1月20日

打者は「低め」と「高め」どっちの方がヒットになりやすい?

2016年5月11日

野球選手のトレーニングで根本的に間違っていること

2016年4月2日

バッティングが上手くいかない人の根本的な原因

2017年2月16日