きつい練習が正しい練習ではない

野球選手に必要なことは身体を動かす努力ではない

例えば、あなたの現在の目標がレギュラーになることだったとします。

そんな時にあなたならどうするでしょうか。

練習量をとにかく増やそうとする選手が大半でしょう。

しかし、基本的に大半の野球選手は練習量が多すぎるぐらいなので、練習量を増やす選択は間違いであることが多いでしょう。

では、どうすればいいのでしょうか。

ポイントは、

体を使うよりも頭を使うこと

です。

第一の目標はレギュラーになることです。

他の要素は一先ず切り捨てましょう。

となると、考えることがでてくるはずです。

例えば、自分のチームの層が薄いポジションを狙って練習をする、特定の相手投手のクセを徹底的に研究し突発的でも異常な成績を残す・・・

など方法を考え出せばきりがないほど存在しています。

間違っても方法論は一つだけではありません。

どれだけがんばっても勝負事には運の要素さえ絡んできてしまいます。

間違っても、日本一きつい練習をしたチームが日本一のチームになるわけではないことをご理解ください。

野球界の大きな流れが、そんな考え方で流れていることは理解していますが、一人でも多くの野球選手がtakebat.comを見て、今までは考えられなかった方法でレギュラーになり、日本一になっていくことを祈っています。

野球界にはやれることがまだまだあります。

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球の常識はスポーツの非常識/Kindle版【発売開始】 いつまで無意味なことを続けるの?

2016年5月14日

打者の故障は成長するチャンス?! ~打者がバッティング時に注意する故障~

2016年4月10日

バッティングに必要な相手投手の癖の見抜き方

2017年3月5日

打者で自分が打てないと思っている人へ ~打てない時の対処法~

2016年7月8日

アッパースイングもダウンスイングも実は同じ

2017年2月6日

バッティングの基本はゴロではない! ~「ゴロを打て」が選手をつぶしている事実~

2016年3月22日