野球が上達したいなら罰ゲーム的な練習を排除せよ。

野球界に足りないものは練習ではなく検証

大半の野球選手は体が野球をするための体になっています。

人間の体は適応するため当たり前のことかもしれません。

しかしこれは、人間の身体としては、「偏っている」という見方もできます。

本来の人間ができる動きを制限し、野球という競技ができるように変化しているということを意味しています。

ところが、その適応が本当に野球をするためにベストなのかは、検証をしないため誰にも分かっていません。

その結果、大切な場面で身体が動かないといったケースが後を絶ちません。

動かなくてはいけないところで、手が伸びない、足が出ない、体がついていかないという結果を生み出し、アウトにできるものが、ヒットになったり、エラーしてしまうことがよくあります。

反対に、身体の調整が適切に行っていると、本来はヒットになってしまっていた打球がファインプレーでアウトになったり、エラーの数を減らすことができます。

そのため、

野球のプレーで上手くいかなかった時に必要なことは、練習量を増やすことではなくプレーを検証すること

です。

心配しなくても、野球選手は基本的に練習をやりすぎています。

練習をやりすぎていることが、思いのほかパフォーマンスを低下させています。

そして、その事実に気づいてすらいない選手がたくさんいます。

一度、自分の練習内容がどのような効果を目指したもので、本当にその効果が実現できるのか、その効果が検証できるのかを考えてみましょう。

本来は、監督やコーチといった指導者の立場にある人間が行うべき検証ですが、野球界の伝統が邪魔をして、どうしても常識に縛られてしまうでしょう。

本気で上達したいなら、自分自身で考え、自分で検証し、自分で改善していかなければ大きな成果は期待できないでしょう。

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

どんどんホームランを狙おう ~ホームランを狙うとスイングがシンプルになるという矛盾~

2016年2月2日

打者は春になるとスイングが鈍くなるって知ってた? ~冬場にやるトレーニングの無意味さ~

2016年4月6日

バッティングマシンと投手のボールはなぜ違う?

2016年9月10日

ダウンスイングの真実~上から叩くな、ゴロなんか狙うな~

2016年4月22日

野球選手の筋トレの代償を考えたことがありますか?

2017年10月8日

バッティングにスイングスピードはいらない

2017年2月13日